Javascript is disabled.

製品リストProducts List

アトッチ®~スライドタイプ~ PS

〈PS〉なら網入板ガラスも、視界スッキリな窓改修が可能です。
高遮熱・断熱のヒミツはクリプトンガスとLow-E膜。

アトッチ®~スライドタイプ~〈PS〉は、ガラスとガラスの間にクリプトンガスを封入し、遮熱・断熱効果を上げることで、結露の発生やエネルギー消費を抑える窓リフォーム用Low-E複層ガラスです。防火タイプ、非防火タイプをご用意しています。

既存ガラスと取り替え

視界スッキリ!

アトッチ®~スライドタイプ~〈PS〉防火タイプは、網のない耐熱強化ガラスを使用したLow-E複層ガラス。網がないことで外の風景もスッキリ見えます。

今お使いの網入板ガラスとほぼ同重量!
サッシへの負荷は変わりません。

網入板ガラスから複層ガラスへと替えた場合の多くは、ガラスの厚さが増すため重量が重くなりサッシへの負荷が増加します。アトッチ®~スライドタイプ~〈PS〉なら網入板ガラスとほぼ同じ重量、サッシへの負荷は変わりません。

ガラスを替えて視界スッキリ

快適〈網入板ガラスとの比較〉*網入板ガラス…フロート板ガラス6ミリの場合

  • 断熱性UP 〈網入板ガラスの約3倍〉

    【熱貫流率の比較】

    【熱貫流率の比較】

    熱貫流率とは(U値)(単位:W/(㎡・K))
    壁や窓などの各部位で、熱の移動を表す数値。「室内外の温度差が1℃の時、面積1㎡あたりに移動する熱量」で数値が
    小さいほど断熱性にすぐれています。(単位:W/(㎡・K))
  • 遮熱性UP 〈網入板ガラスの約2倍〉

    【日射熱取得率の比較】

    【日射熱取得率の比較】

    日射熱取得率とは(η値)
    ガラス面に到達する日射のうち、透過するものと、吸収された後、室内側に放出されるものの割合として求められます。数値が小さいほど遮熱性能が高いことを意味します。

【ガラスの記号】SBQFR:耐熱強化Low-Eガラス(アクアグリーン)、FR:耐熱強化ガラス(透明)、Kr:クリプトンガス

結露低減

窓ガラスの結露は、景色を見えにくくするだけでなく、カビの発生やカーテン・壁などのシミの原因になります。窓ガラスの結露を防ぐ最大のポイントは、断熱性を高めること。アトッチ®~スライドタイプ~なら断熱効果を上げ結露を低減します。

  • 一枚ガラス一枚ガラス
  • →
  • アトッチ®~スライドタイプ~アトッチ®~スライドタイプ~

*上記2つの画像はイメージです。一枚ガラスは結露時のイメージとなります。

安心・安全〈高い耐熱性能を持つ、網のない防火ガラス〉

アトッチ®~スライドタイプ~〈PS〉防火タイプの基板には 、特殊なエッジ加工と強化処理によって高い強度を実現する耐熱強化ガラスを使用しています。通常時にはない衝撃等によって破損した場合も、小さな破片となるため、大きなケガをしにくい効果があります。割れにくく、万一、割れても安全性が高いアトッチ®~スライドタイプ~〈PS〉防火タイプは、防火性能が求められる開口部に最適な製品です。

*非防火タイプ・熱処理Low-E仕様も片側に耐熱強化ガラスを使用しています。

耐熱強化ガラスの破片形状耐熱強化ガラスの破片形状
アトッチ®~スライドタイプ~〈PS〉防火タイプは、網のない耐熱強化ガラスを基板としているため、網入板ガラスに特徴的な網さびによる破損の心配がありません。

耐熱イメージ耐熱イメージ

  • 今お使いのサッシはそのままで窓リフォーム アトッチ®~スライドタイプ~ TOPへ戻る
  • 既存サッシはそのままで、一枚ガラスからLow-E複層ガラスへ!アトッチ®~スライドタイプ~ AT 詳しくはこちら

ページTOPへ