強化ガラスプリントタイプ/熱処理ガラスプリントタイプ

セラプリライト®

セラプリライトのシミュレーション

ドット0508 パンチング0508 ストライプ0712
パターン 各画像は右図パターンの黒印刷部分をホワイトインクでガラス面に印刷したシミュレーションです。 img_05_4_16.jpg img_05_4_17.jpg img_05_4_18.jpg
Pattern  5φ 8mm span
印刷開口率  69.52%
最小空隙  3mm
Pattern  5φ 8mm span
印刷開口率  30.70%
最小空隙  3mm
Pattern 7mm 12mm span
印刷開口率  41.67%
最小空隙  5mm
外観/
視点距離
約20m
img_05_4_19.jpg img_05_4_20.jpg img_05_4_21.jpg img_05_4_22.jpg
内観/
視点距離
約10m
img_05_4_23.jpg img_05_4_24.jpg img_05_4_25.jpg img_05_4_26.jpg
内観/
視点距離
約5m
img_05_4_27.jpg img_05_4_28.jpg img_05_4_29.jpg img_05_4_30.jpg

セラプリライト製作 作業フロー

<セラプリライト>はパターンの自由性がありますが、遮蔽率、色やパターンの印象、熱的性能などについて綿密な検討を必要とする商品です。下記フローは作業の標準的な流れを示します。

※デザイン上での特記事項
スクリーン印刷はその手法上、グラデーションの表現ができません。グラデーションは、印刷部と非印刷部の粗密で表現することになります。