ベランダ手摺用ガラス

ラミスカイ®

設計・施工上のご注意、使用上のご注意

それぞれのブランドの商品仕様、付帯サービスなどの内容を十分ご確認の上、商品を選定してください。お引渡後の変更はできません。
AGC旭硝子では曲げ加工を受注しておりません。各商品の曲げ加工につきましてはガラス工事店にご相談ください。

一般名 品種
(商品名)
ご注意 掲載
ページ
合わせガラス 合わせガラス 共通のご注意 ■設計・施工上のご注意
・合わせガラスの標準納まりにしたがって施工してください。
・ガラスのエッジ部分を露出した使い方は、特殊フィルムエッジ部からの水分の吸湿を招き、ガラスの剥離が発生することがあります。
・ガラス温度が70℃以上になると、特殊フィルムに泡が発生する場合があります。
・特殊フィルムは、有機系の溶剤に侵されることがありますので、エッジ部が有機溶剤に侵されないよう注意が必要です。
・小口をシーリング材等で突き合わせ施工する場合または、エッジを露出する場合には特殊フィルムの劣化を防ぐために開発された合わせガラスが必要になります。ご採用にあたっては、ご相談ください。
・特殊フィルムを使用した大サイズの合わせガラスにおいて、製法上、若干の虹模様が部分的に見える場合もあります。
・正確な寸法でご発注ください。
・エッジ部の水密性を確保するため、シーリング材は、JIS A 5758に規定する良質の弾性シーリング材(シリコーンシーラント、ポリサルファイドなど)を使用してください。ただし、酢酸系シリコーンシーラント、有機溶剤の入ったシーラント、油性パテなどは使用しないでください。
・サッシの下枠には、必ず直径5mm以上の排水に有効な水抜き孔を3ヵ所以上設置してください。
・バックアップ材は発泡ポリエチレンフォーム、またはクロロプレンゴムなどをご使用ください。
・セッティングブロックは、クロロプレンゴム、またはEPDMの硬度90°以上のものを下辺に2ヶ所ご使用ください。なお、クロロプレンゴムには、特殊フィルムに影響をおよぼすものがありますので、影響を与えない材質を選定するか、ガラスと接する面にボンドブレーカーを貼るなどして特殊フィルムとの直接接触を避けてください。
・塩ビビードの使用など、エッジ部の水密性の不十分な施工法は、特殊フィルムの吸湿を生じ剥離の原因となりますので、好ましい施工法ではありません。やむを得ずこれを使用する場合はブチルビードの巻き付けなどエッジ部に防水処置が必要です。
・各種クリアランス・かかり代などの納まり寸法は、「板ガラスの納まり寸法標準」(P166~169)に準じてください。
・網入・線入合わせガラスは熱割れが起きやすいため、ご使用にあたってはサッシとの納まりの検討のほか、熱割れ計算によるご確認をお願いします。
・合わせガラスを構成するガラス品種それぞれのご注意もご一読ください。
■ 使用上のご注意
・合わせガラスに貼り付けられている各種シールは、製品仕様を判りやすく表示したものです。シールそのものにつきましては保証を行っておりません。お引渡し後、ご使用環境によってはシールが剥がれる可能性がありますので、その際は除去してください。
*現在、各種シールの貼り付けは終了しております。
・高圧洗浄機や大量の水を使用したガラス洗浄は、サッシ内に水が浸入する要因となります。サッシ内に浸入した水が滞留すると特殊フィルム劣化の原因となりますので、そのような洗浄は避けてください。
052

058

062

078

109

110

一般名 品種
(商品名)
ご注意 掲載
ページ
合わせガラス ラミスカイ ■ 設計・施工上のご注意
・〈ラミスカイ〉は、手摺用ガラスとしてご使用ください。
・日射吸収率が高いため、使用条件によっては熱割れ計算とそれに基づく熱割れ検討が必要です。
・反射光が周辺の建物や交通に悪影響を及ぼす場合があります(特に次のような場合)。設計時に十分にご検討ください。
高速道路・鉄道に面している場合/凹面形状の壁面で使用する場合(焦点が高温になる恐れがあります。)/傾斜面で使用する場合(反射光軌跡シミュレーションが必要な場合はご相談ください。[有料])
・十分に管理された工程で製造された工業製品ですが、完全な平面ではありませんので、反射像には若干のゆがみが生じます。
・熱線反射ガラスの反射膜に、小さな点状の色抜け部分や色ムラのある場合があります。この欠点は製法上生じるものですが、皆無にすることは非常に困難です。何卒ご了承ください。
・合わせガラスの標準納まりに従って施工してください。
・エッジ部分を露出する使い方は、特殊フィルムのエッジ部からの水分吸湿を招き、ガラスを剥離させる恐れがあります。四方枠納まりでご使用ください。
・ガラス温度が70℃以上になると、特殊フィルムに泡が発生する場合があります。
・特殊フィルムは有機系溶剤に侵食されることがあるため、特にエッジ部は注意が必要です。
・エッジ部は水密性を確保する必要があります。シーリング材は、JIS A 5758に規定する良質の弾性シーリング材(シリコーンシーラント、ポリサルファイドなど)をご使用ください。ただし、酢酸系シリコーンシーラント、有機溶剤の入ったシーラント、油性パテなどは使用しないでください。
・塩ビビードの使用など、エッジ部の水密性が不十分な施工法は、特殊フィルムの吸湿を招き剥離の原因となります。やむを得ず使用する場合は、ブチルビードの巻き付けなどエッジ部に防水処置が必要です。
・サッシの下枠には必ず、直径5ミリ以上の排水に有効な水抜き孔を3ヶ所以上設置してください。
・バックアップ材は、発泡ポリエチレンフォーム、またはクロロプレンゴムなどをご使用ください。
・セッティングブロックは、クロロプレンゴム、またはEPDMの硬度90°以上のものを下辺に2ヶ所ご使用ください。なお、クロロプレンゴムには、特殊フィルムに影響をおよぼすものがありますので、影響を与えない材質を選定するか、ガラスと接する面にボンドブレーカーを貼るなどして特殊フィルムとの直接接触を避けてください。
■ 使用上のご注意
・日射吸収率が高いため、ガラスの表面温度は透明ガラスより高くなります。
・ガラスの表面温度にムラが生じると、熱割れの可能性が高まりますので、避けてください(布団をかける、ガラスの前にものを置く・立てかけるなど)。
058