ペアガラスアタッチメント付タイプ

ペヤプラス®

設計・施工上のご注意、使用上のご注意

それぞれのブランドの商品仕様、付帯サービスなどの内容を十分ご確認の上、商品を選定してください。お引渡後の変更はできません。
AGC旭硝子では曲げ加工を受注しておりません。各商品の曲げ加工につきましてはガラス工事店にご相談ください。

一般名 品種
(商品名)
ご注意 掲載
ページ
複層ガラス 複層ガラス 共通のご注意 ■ 設計・施工上のご注意
・複層ガラスは、有機材料によってその機能を得ていますので寿命のある商品です。その機能を長期間保つためには、サッシ枠との納まりが重要な要因となりますので、複層ガラスの納まりや施工等に関するご注意を必ずお守りください。
・複層ガラスは、あらかじめ工場で組み立てられますので、製造後の切断はできません。正確な寸法で、かつ横(W辺)と縦(H辺)を指定してご発注ください。
・サッシはJIS A 4706に適合し、水抜き機構を備え排水が速やかに行われる構造で断熱性と気密性に優れた精度の高いサッシをご使用ください。
・温度70℃以上や多湿の環境下では、封着材の耐久性が著しく低下して寿命が短くなりますので、このような環境下でのご使用は避けてください。
・複層ガラスは、密封された中空層の内圧変化により、ガラスに若干の反りが生じ、それにともなって、反射像にゆがみが生ずることがあります。
・複層ガラスを標高1000m以上の高地でご使用の場合は、中空層の内圧による破損有無の確認が必要です。ご発注前にご相談ください。また、中空層12ミリを超える複層ガラスや<サンバランストリプルガラス>は、特に内圧によるガラスへの影響が大きいため、標高1000m以下でのご使用の場合でも、ご発注前にご相談ください。
・ご使用になるサッシの断熱性能が低い場合は、たとえ複層ガラスを使用したとしても、窓としての断熱性能が十分に発揮されません。複層ガラスを使用する場合は、サッシも断熱性能が高い製品をご使用ください。
・熱線反射ガラスまたは熱線吸収板ガラスと組み合わせた複層ガラスは、熱線反射ガラスまたは熱線吸収板ガラスを室外側にして施工してください。
・網入・線入複層ガラスは熱割れが起きやすいため、ご使用にあたってはサッシとの納まりの検討のほか、熱割れ計算によるご確認をお願いします。

・小口を露出したり、突き合わせ工法などガラスエッジ部がサッシに呑み込まれない納まりは、封着部の劣化の原因になりますので、避けてください。
・3ミリ+中空層(10ミリ以上)+網入板ガラス6.8ミリの構成で短辺寸法が300mm以下の場合は、冬期における内圧低下により3ミリガラスが破損する場合がありますので4ミリに変更してください。
・網入複層ガラスをトップライトやプールの窓などにご使用の場合は、小口に複層ガラスの封着材を厚く塗布するか、プチルテープを貼るなどして、網入ガラス切断部の防錆処理を施してください。
・複層ガラスには下辺を指定するラベルが貼ってありますので、ラベルにしたがって施工してください。
・複層ガラスを現場で保管する場合は、必ず直射日光を避け、風通しの良い室内に保管してください。また、保管時は図のような状態にしてください。
・接着部は、長時間水浸の状態にあると劣化が早まります。溝内に浸入した水を速やかに排水できるよう、サッシの下枠には直径5mm以上の、排水に有効な水抜き孔を3ヵ所以上設けてください。
・接着部を保護するため、シーリング材はJIS A 5758に規定する良質のシリコーンシーラント、またはポリサルファイド系シーラントをご使用ください。ただし、酢酸系シリコーンシーラント、有機溶剤の入ったシーラント、油性パテは使用しないでください。
・グレイジングチャンネル構法は、止水・排水性に劣るため納まりとしては、好ましくありません。呼び厚さ6.8ミリ以下の素板で構成される複層ガラスを、住宅や簡易な集合住宅などで使用する場合で、かつ、孔明きグレイジングチャンネル等水抜きに配慮した特別なグレイジングチャンネルを用いる場合に限って、グレイジングチャンネル構法による施工ができます。グレイジングチャンネルは、JIS A 5756に適合する良質のもので、必ず水抜きに配慮したタイプのものをご使用ください。
・グレイジングビード構法は、両側から施工するセパレートタイプに限り呼び厚さ6.8ミリ以下の素板で構成される複層ガラスを、簡易な建築物に使用する場合に限り使用することができます。グレイジングビードは、セパレートタイプでかつJIS A 5756に適合する良質のものをご使用ください。なお、グレイジングビード構法では、下辺にセッティングブロックの敷き込みが必要です。
・構造ガスケット、グレイジングチャンネル、グレイジングビードを用いた施工は、浸入した水が排出しにくいため、避けてください。
・バックアップ材は発泡ポリエチレンフォーム、クロロプレンゴムなどをお使いください。
・セッティングブロックは、ガラスの重量を支える大切な材料です。クロロプレンゴム、EPDM系のゴムには接着部に影響を及ぼすものがあります。影響を与えない材質の選定やボンドブレーカーを貼るなどして接着部と直接接触しないような処理をお願いします。住宅用の軽量なものには、塩ビもご使用になれます。
・各種クリアランス・かかり代などの納まり寸法は、「板ガラスの納まり寸法標準」(▶P166~169)に準じてください。
・複層ガラスのかかり代は、紫外線の照射による封着部劣化を防ぐ目的で設定された値です。また、エッジクリアランスは、サッシ内に侵入した水を容易に排水できるよう設定された値です。いずれも、複層ガラスの耐久性において重要な意味を持っていますので、必ずお守りください。
・平積み保管はしないでください。
・内圧破損の危険性が高くなるため、複層ガラスに使用するガラスの厚み差は4ミリ以内としてください。
・複層ガラスを構成するガラス品種それぞれのご注意も、ご一読ください。
■ 使用上のご注意
・複層ガラスの性能・機能を長期間保つために、以下の使用上のご注意を必ずお守りください。
・複層ガラスの表面にペンキを塗ったり、紙やシールなどを貼りつけることは、熱割れの原因になりますのでお止めください。また、万一破損した場合の破片の飛散防止を目的として飛散防止フィルムを貼る場合は、フィルムメーカーの熱割れ計算に基づいて使用可否の判断をしてください。
・複層ガラスを透視すると縞状の模様が見えることがありますが、これは光の干渉によって見えるもので異常ではありません。
・複層ガラス製品には、原則として右下に、製品仕様や製造年月などを記号化したマークを表示しています。製品に不具合などが生じた場合に、この記号から製造履歴を確認する場合がありますので、削ったり消したりしないでください。また、マークには、微細なガラス片が付着している場合があります。指などでこすると、ガラス片によってケガをする場合がありますので、マーク表示には触れないでください。
・外観を美しく保ち、性能を長く維持するために、2〜3ヵ月に1回以上の頻度でクリーニングを行ってください。
・クリーニングは、水洗いをした後、乾いた布で拭いてください。水洗いで取れない汚れは、市販のガラスクリーナーや中性洗剤を浸した布で汚れを落とした後、水洗いをして乾いた布で拭いてください。塩素系のカビ取り剤や漂白剤は、複層ガラスの耐久性に影響を及ぼす可能性があるので、使用しないでください。
・外壁などを洗浄する際に、強酸性や強アルカリ性の洗剤や薬品を使用する場合は、ガラスに付着しないよう、養生をしてください。万一付着した場合は、水で洗い流してください。
・高圧洗浄機や大量の水を使用したガラス洗浄は、サッシ内に水が浸入する要因となります。サッシ内に侵入した水が滞留すると封着部劣化の原因となりますので、そのような洗浄は避けてください。
●おことわり
・温度や気圧の変化による中空層の内圧変化の影響で、ガラスにたわみが生じます。また、製造時の反りや封着によるゆがみ、施工のゆがみも皆無ではありません。それにともなって、反射映像がゆがむ場合がありますのでご了承ください。
・室内湿度が高い場合には、室内側ガラス表面に結露を生じることがあります。換気などをして、室内湿度が下がると結露は減少します。
・ガラスの品種・寸法・アタッチメントの色などは予告なく改廃する場合があります。
・サッシの乱暴な開閉は、製品に損傷を与え、機能を低下させる場合もありますのでご注意ください。
・複層ガラスはその構造上、反射像が二重に見えます。また、温度や気圧の変化による中空層の内圧変化の影響でガラスにたわみが生じて、反射映像がゆがみます。
・温度や気圧の変化に伴う内圧変化の影響により、封着材が中空層にはみ出してくる場合があります。特に縦横の寸法差が大きな細長い製品では、顕著に見られる場合がありますが、品質には影響はありません。
・中空層内の乾燥状態を維持するため、スペーサー内に吸湿剤を入れています。まれに中空層内に見られる白っぽい粒状の物質は、この吸湿剤ですのでご安心ください。
・アルミスペーサーには継ぎ目が生じます。継ぎ目の位置をガラスごとに合わせることはできませんのでご了承ください。
・複層ガラスに貼り付けられている各種シールは、製品仕様を判りやすく表示したものです。シールそのものにつきましては保証を行っておりません。お引渡し後、ご使用環境によってはシールが剥がれる可能性がありますので、その際は除去してください。(現在、各種シールの貼り付けは終了しております。)
・〈ホームペヤEG〉のグレチャンのコーナー接合部分には、わずかなすき間が生じる場合がありますが、複層ガラス本体の基本性能に影響を与えるものではありません。
・複層ガラスを構成するガラス品種それぞれのご注意もご一読ください。
024

027

029

030

032

033

061

082

083

一般名 品種
(商品名)
ご注意 掲載
ページ
複層ガラス ペヤプラス/ペヤプラス・エア ■ 設計・施工上のご注意
・〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉を持ち運ぶときは、アタッチメントだけを持たずにガラス全体を持ってください。
・サッシはJIS A 4706に適合し、水抜き機構を備え排水が速やかに行われる構造で断熱性と気密性に優れた精度の高いサッシをご使用ください。
・室内側を表示したラベルが貼り付けられていますので、間違えないようご注意ください。
・窓のサイズ、ガラス構成によって網戸と干渉する場合がございます。
その場合は網戸干渉が少ないスリムタイプ(製品呼び厚さ10、12ミリ)をご検討ください。但し、サッシの種類によっては網戸と干渉することがあります。
・サッシの種類によっては使用できないものもありますので、ご採用の際は事前にご確認ください。
・ガラス構成、諸条件による設計風圧力計算は建築基準法(告示第1458号)に準じて計算しご確認ください。
・アタッチメントの溝開口寸法はタイプ別に限られているため、ガラス厚が厚くなる場合には中空層が小さくなります。中空層が小さくなると断熱性は低くなる傾向にあります。
・ガラスの重量と厚さが増えるため、窓の開閉が重くなったり、網戸などが開閉しにくくなるケースがあります。開閉時に手や指を挟んでケガをしないようご注意してご使用ください。
・突き合わせによるご使用はできません。
・アタッチメントを分解しないでください。
・〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉は、ガラス面は断熱できますが、既存のサッシとアタッチメント部分はアルミのため結露する場合があります。
・水密性能は窓としての性能のため、既存のサッシ性能により異なります。〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉単体としてはW-5(500Pa)相当の性能になります。既存サッシの水密性能を事前にご確認ください。

・サッシの精度が出ていない場合、サッシの水抜き機構が不十分な場合、台風、暴風、豪雨など商品性能を超える事態の場合(風雨の程度は建物の立地条件によっても異なります。)は、屋内へ雨水が浸入することがあります。
・ガラス重量と厚さが増えるため、窓の開閉や作動に影響を及ぼさないことを確認して、支障の出ない範囲でご採用ください。
・施工時にアタッチメント4隅留め加工部に隙間がないことを確認してください。隙間がある場合はシーリング材で必ずふさいでください。(図1参照)
・FIX用アタッチメントを引き違いサッシに使用しないでください。
【採寸の注意】
・既存サッシの寸法を測る場合、サッシ内寸法を正確に測定してください。特に、隠しグレチャン、隠しビートの場合、採寸はご注意ください。
・テラスタイプなどは、2人で寸法を測り正確に採寸して下さい。測定寸法に誤差があると気密性・水密性能が低下します。
【引き違い窓用サッシの組み込み】
・アタッチメントに開けられた水抜き孔を下側にして組み込んでください。
・既存障子枠に水抜き孔がない場合は、水抜き孔加工等を行い排水経路を確保してください。
・障子枠への組み込みは、図2のように室内障子と室外障子が対称になるように組み込んでください。
・〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉のガラス下隅には商品マークがあります。そのマークが下側にくるように組み込んでください。
・既存施工ガラスがシーリング施工の場合、既存ガラス取り外し後、十分にシーリングを除去してください。
シールが残っている場合、〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉の取り付けが困難なことがあります。
・〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉を水平に置き、障子枠は1辺ずつ、上下障子枠→縦障子枠の順で組み込みことを基本としてください。
やむを得ず、障子枠をL型2辺の状態で〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉を立てて組み込む場合は、アタッチメントコーナー部に隙間が出ないように丁寧に作業し、残りの障子枠は、上下障子枠→縦障子枠の順で、1辺ずつ組み込みください。
・障子枠を1辺だけ外し、コの字型3辺障子枠に〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉を落とし込みして組み込まないでください。障子枠を固定しているビスが破損、アタッチメントの4隅留め加工部の隙間発生や障子枠が膨らむなど変形によりクレセントが掛からなくなるなどの不具合発生の可能性があります。
・ガラス重量が増えるため、事前に、戸車の磨耗状況を確認や、サッシメーカーへ戸車の耐荷重の確認等を実施してください。
【FIX窓用サッシの組み込み】
・アタッチメントに開けられた水抜き孔を下側にして組み込んでください。
・既存サッシ枠に水抜き孔がない場合は、水抜き孔加工等を行い排水経路を確保してください。
・サッシ枠に付いている先付けビートは、はぎとらず、そのまま使用してください。
・後付けビートは、サッシメーカーの6.8ミリガラス用を、そのまま使用してください。
・〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉施工後、サッシ枠に呑み込まれていないアタッチメント部が見えるため、4隅の留め加工部に隙間がでないように、丁寧に組み込んでください。
・サッシ枠に付いているセッティングブロックは、そのまま使用してください。耐荷重が不足する場合は、追加する必要があります。また、劣化している場合は交換してください。
・既存施工ガラスがシーリング施工の場合、既存ガラス取り外し後、十分にシーリングを除去してください。シーリングが残っている場合、〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉の取り付けが困難なことがあります。
・既存ビートが劣化などで使用できない場合は、サッシメーカーへお問合わせください。
・重量が重くなるので、〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉が使用できるサッシであることを、確認してください。
*引き違い窓用、FIX窓用それぞれ仕様が大きく異なります。引き違い窓用は、框形式の窓(障子)用です。FIX窓用は、押縁形式の窓(障子)用です。
■ 使用上のご注意
・ガラスの重量と厚さが増えるため、窓の開閉が重くなったり、網戸などが開閉しにくくなるケースがあります。開閉時に手や指を挟んでケガをしないようご注意してご使用ください。
・アタッチメント部の表面に付着した汚れは、しみや腐食の原因となります。特に海岸地域では塩分で、交通量の多い道路沿い、ガス給湯器排気口近辺などは排気ガスの影響で表面異常が発生しやすいので、こまめなお手入れをお願いします。周辺の通気にも十分ご配慮ください。
・〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉は、ガラス面は断熱できますが、既存のサッシとアタッチメント部分はアルミのため結露する場合があります。
●おことわり
・Low-E膜(金属膜)は、それぞれの反射色をもっていますが、見る角度、光線の当たる角度などによって、若干の干渉色が色ムラのように見える場合があります。
また、コーティングの際に若干のピンホールを生じることがありますので、ご了承ください。
・携帯電話などの電波機器のご使用時に障害がでる場合があります。
・格子入り、異形は製作できません。
・アタッチメントとサッシの色は合わない場合があります。
・アタッチメント接合部は微細な段差があります。直接指先などで触ると思わぬケガの原因となりますのでメンテナンス等の際は十分ご注意ください。
・Low-E膜(金属膜)付ガラスの単板での使用はできません。
・室内湿度が高い場合など、使用環境によってはガラスの表面に結露を生じることがあります。また、部屋全体の結露を防ぐには、計画換気を行ってください。
082

〈ペヤプラス〉〈ペヤプラス・エア〉は使用する場所(要求される設計風圧力)、ガラスの構成、アタッチ部材の仕様によって、使用可否の確認が必要です。
以下の手順で使用可否をご確認ください。
①-1 要求される設計風圧力の確認
要求される設計風圧力は、平成12年建設省告示第1458号に示された方法を基本にして算出してください。(旭硝子板ガラス建材総合カタログ技術資料編4-1「板ガラスの耐風圧設計」参照)戸建住宅の場合は、一般的に以下の耐風圧性能が求められます。
戸建住宅の選定の目安(一般地域)
800Pa 1200Pa 1600Pa
1階
2階
3階
 
①-2  設計風圧力が2800Pa以下であること
注)要求される設計風圧力が2800Paを超える場合は使用することはできません。
② 設計風圧力に対応するガラス構成の確認
ガラスの許容荷重(告示第1458号による)より要求される設計風圧力に対する面積制限を確認します。
ガラス① 中空層 ガラス② 許容荷重 設計風圧力に対する面積制限(m2
{kgf} 1200Pa 1600Pa 2000Pa 2400Pa 2800Pa
3 A・AR 3 2362 241 1.96 1.47 1.18 0.98 0.84
3 A・AR F4K 1535 157 1.27 0.95 0.76 0.63 0.54
4 A・AR 4 3600 367 3.00 2.25 1.80 1.50 1.28
4 A・AR F4K 2160 220 1.80 1.35 1.08 0.90 0.77
5 A・AR 5 5062 516 4.21 3.16 2.53 2.10 1.80
6 A・AR 6 6750 688 5.62 4.21 3.37 2.81 2.41
6 A・AR F6K 4050 413 3.37 2.53 2.02 1.68 1.44
3 A・AR FL3+FL3 3033 309 2.52 1.89 1.51 1.26 1.08
3 A・AR F3K+FL3 1819 185 1.51 1.13 0.90 0.75 0.64
[設計風圧力に対する面積制限の計算例]
(例) ガラス構成:5-A-5 において、要求される設計風圧力が2000Paの場合
面積制限 = 許容荷重5062N ÷ 設計風圧力2000Pa = 2.53m2
③-1 ペヤプラスの最大・最小寸法を確認
 
選択したガラス構成が「AGC旭硝子のリグラス」カタログP54に掲載している製作範囲一覧表の最大寸法、最小寸法の範囲内であることを確認します。
 (例) 引き違い窓:PH16 , ガラス構成:SBQ4-AR8-FL4 , ペヤプラス寸法:2000×1200mm
 製作範囲“G”⇒ 最大長辺2322mm>2000mm ,最大短辺1322mm>1200mm ⇒ 製作範囲OK
③-2 ペヤプラスの制約面積を確認
 
選択したガラス構成が「AGC旭硝子のリグラス」カタログP54に掲載している製作範囲一覧表の制約面積の範囲内であることを確認します。
 (例) 引き違い窓:PH16 , ガラス構成:SBQ4-AR8-FL4 , ペヤプラス寸法:2000×1200mm=2.4m2
 製作範囲“G”,長辺1500mm超え ⇒ 制約面積2.81m2 > 2.4m2 ⇒ 製作範囲OK
 

■〈ペヤプラス〉耐風圧検討例

地域 : 東京23区     建物高さ : 20m     サイズ:800×2000mm = 1.6m2
検討ガラス構成 : SBQ4+AR8+FL4     アタッチメントタイプ : 引き違い窓用(PH16)
 
①要求される設計風圧力の確認
平成12年建設省告示第1458号に示された方法を基本にして算出します。
(旭硝子板ガラス建材総合カタログ技術資料編4-1「板ガラスの耐風圧設計」参照)
要求される設計風圧力を算出する際に用いられる再現期間は、特に指示のない限りは以下の値を標準として使用します。
  ・戸建住宅(告示1458号の基準風速) 50年
  ・一般的な建築物 100年
  ・高さ60mを超える建築物 200年
ここでは再現期間100年とし、技術資料編の4-1-11 1ページの早見表より、要求される設計風圧力を確認。
  要求される設計風圧力 = 2153Pa < 2800Pa(設計風圧力の上限)

注)特 にビルやマンションでは、高層の場合、要求される設計風圧力が大きくなる傾向があります。十分に安全性を確保してペヤプラスが使用可能であることをご確認ください。

 
②設計風圧力に対応するガラス構成の確認
ガラスの許容荷重とガラス寸法から、設計風圧力を算出します。
ガラス許容荷重(N)÷ガラス面積(m2)=ガラス設計風圧力(Pa)

  3600(N)÷1.6(m2)=2250Pa
  要求される設計風圧力:2153Pa < ガラス設計風圧力:2250Pa
ガラスの設計風圧力が要求される設計風圧力より大きいため使用可能。
 
③〈ペヤプラス〉の製作範囲を確認
「AGC旭硝子のリグラス」カタログP54の製作範囲一覧より検討ガラス構成の製作範囲を確認します。製作範囲は“G”。
製作範囲“G”=最大長辺:2322mm ,最大短辺:1322mm ,制約面積:2.81m2( 引き違い窓、長辺1500mm超え)
③-1 最大寸法・最小寸法を確認
最大長辺2322mm >2000mm , 最大短辺1322mm >800mm ⇒ 製作範囲OK
③-2 制約面積を確認
制約面積2.81 m2(長辺1500mm超え) > 1.6 m2 ⇒ 製作範囲OK
 
よって、この場合は使用することができます。