ガラスシステム・ユニット

フロートシステムズ

エッジスリット®

フロート合わせガラスの小口に斜面取り加工を施し、小口加工部と構造体を機械的に接合する構法(E S G構法)です。(特許取得済)
ガラス工法
ガラスシステム

NIHONBASHI EAST(東京都) 設計/(株)久米設計

● アルミエッジ材は予め工場でガラスにセットしユニット化します。

● 従来、強化ガラスを用いることにより成立していたフレームレスガラスシステムが、フロート板ガラスでフラットな外観が実現できるようになりました。

● フロート板ガラスを用いているため、強化ガラスなどの熱処理ガラスと比較して良好な反射映像となります。合わせガラスを用いた安全性に優れたシステム商品です。

53_02

バリエーション

ラインナップ

見積り例

参考価格

支持構造

● 風圧を支持する金属フラットバーを方立とする構成を基本とします。
● メタルポイント金物との組み合わせにより、無目材のないシール突きつけ納まりが可能になります。

各種性能

項 目 性能値
耐 震 層間変形角1/100
耐風圧 ±3300N/㎡( ±336kgf/㎡)

ガラス寸法1580×2440×(8+15)ミリ時(耐風圧)、1590×3980×(8+15)ミリ時(耐震)の値です。

ガラス

● ガラス種別
FL8+FL12、FL10+FL15 など(FL:フロート板ガラス)
斜面取り側ガラスは、12ミリ厚以上が必要です。単板仕様、複層ガラス仕様、倍強度ガラス仕様、強化ガラス仕様の場合はご相談ください。

●スリット部詳細
ガラス越しに見える支持部(アルミエッジ材・ガスケット)
●スリット部詳細
アルミエッジ材をスリット部にセットしシーリングする

斜面取り加工部 スリット部詳細 スリット部詳細

エッジスリットガラス製作範囲

最小:200×200mm
最大:3000×6000(スリット加工辺)mm
上記寸法を超える場合は、ご相談ください。

耐風圧設計

●スリット加工(斜面取り加工)は2辺を基本とします。
スリット加工辺は支持辺となりますので残り2辺がフリー辺の場合、耐風圧設計上は二辺単純支持の合わせガラスとして設計できます。
例) ガラスサイズ:1600×4000mm(スリット辺)
設計風圧力:3300N/㎡ 
この時のガラス構成はFL8+FL15となります。


● アルミカーテンウォールとの組み合わせで無目材を設け、上下を枠納まりにすることにより、四辺単純支持として設計することもできます。

支持部断面(例)

img_13_3_4

 

紫外線カット率