フロートシステムズ

エッジスリット®

支持構造

● 風圧を支持する金属フラットバーを方立とする構成を基本とします。
● メタルポイント金物との組み合わせにより、無目材のないシール突きつけ納まりが可能になります。

各種性能

項 目 性能値
耐 震 層間変形角1/100
耐風圧 ±3300N/㎡( ±336kgf/㎡)

ガラス寸法1580×2440×(8+15)ミリ時(耐風圧)、1590×3980×(8+15)ミリ時(耐震)の値です。

ガラス

● ガラス種別
FL8+FL12、FL10+FL15 など(FL:フロート板ガラス)
斜面取り側ガラスは、12ミリ厚以上が必要です。単板仕様、複層ガラス仕様、倍強度ガラス仕様、強化ガラス仕様の場合はご相談ください。

●スリット部詳細
ガラス越しに見える支持部(アルミエッジ材・ガスケット)
●スリット部詳細
アルミエッジ材をスリット部にセットしシーリングする

斜面取り加工部 スリット部詳細 スリット部詳細

エッジスリットガラス製作範囲

最小:200×200mm
最大:3000×6000(スリット加工辺)mm
上記寸法を超える場合は、ご相談ください。

耐風圧設計

●スリット加工(斜面取り加工)は2辺を基本とします。
スリット加工辺は支持辺となりますので残り2辺がフリー辺の場合、耐風圧設計上は二辺単純支持の合わせガラスとして設計できます。
例) ガラスサイズ:1600×4000mm(スリット辺)
設計風圧力:3300N/㎡ 
この時のガラス構成はFL8+FL15となります。


● アルミカーテンウォールとの組み合わせで無目材を設け、上下を枠納まりにすることにより、四辺単純支持として設計することもできます。

支持部断面(例)

img_13_3_4