ガラスシステム・ユニット

ガラス防煙壁

サンスモークカット®

大震災を想定し、耐震性を大きく向上させたシンプルなデザインのガラス防煙壁です。
ガラス工法
ガラスシステム

ソニー本社3号館・東京都品川区 設計/竹中工務店
主な用途
防煙区画に使用する防煙壁

● ガラス吊り金具などの支持部材は、大震災クラスの揺れを想定した強度設計をしています。地震時に破損しやすい壁との取り合い部には、動きを吸収するガスケット付きの吊り金具を用い、地震時の変位を吸収します。さらに、ガラス下辺には化粧材を取り付けるため、万一のガラス破損時の破片落下を防止します。

● 十分な安全性を保ちながら、存在感の少ないシンプルなデザインとなっており、インテリアのイメージや視野を妨げません。

バリエーション

ラインナップ

見積り例

参考価格

サンスモークカットTの標準仕様

●フレーム仕様
一般天井用、システム天井用、直付け用の3種類


●ガラス仕様
品種: 網入板ガラス(ヒシワイヤ、クロスワイヤ)
または線入板ガラス(プロテックス)
呼び厚さ6.8ミリ
最大寸法:500型 1829×500mm
800型 1829×800mm

標準納まり詳細図(一般天井用)

56_02

サンスモークカットTの標準納まり図

005_clip_image002_0002 005_clip_image004_0001 005_clip_image006
9.jpg
005_clip_image010 005_clip_image012
 

             

紫外線カット率

設計・施工上のご注意、使用上のご注意

それぞれのブランドの商品仕様、付帯サービスなどの内容を十分ご確認の上、商品を選定してください。お引渡後の変更はできません。
AGC旭硝子では曲げ加工を受注しておりません。各商品の曲げ加工につきましてはガラス工事店にご相談ください。

一般名 品種(商品名) ご注意 掲載ページ
ガラスユニット サンスモカットT ■ 設計・施工上のご注意
・冬期に施工した場合、夏期の温度上昇によって化粧材が膨張するため、化粧材にたわみが発生する可能性があります。化粧材のジョイント部分には、2mm程度のクリアランスを設けてください。
・防煙壁は頭上に来る製品です。P165の「サンスモークカットTの標準納まり図」を参照の上、十分安全配慮の上、設計施工をお願いします。
・曲げ加工はできません。
・傾斜のついた天井ではお使いいただけません。
・内装工作物等を後工事で施工する場合は、ガラス面とは5cm以上のクリアランスを設けてください。
135