大板ガラス開口部

グラサード®

バリエーション

グラサードのバリエーションは、ガラスの支持方法とリブガラスの支持方法による組み合わせとなります。

●ガラスの支持方法
・自立型
・吊下げ型
●リブガラスの支持方法
・片リブタイプ
・両リブタイプ
また、地震時の耐震性を向上させた「耐震構法」や、上部支持枠の上下挙動が大きい場合に対応可能な「中空ガスケット構法」があります。これらを組み合わせることで、建物や使用部位を選ばない、大型ガラス開口部が構成できます。

 

グラサードの種類と仕様

img_13_7_11_1

 

リブガラスの支持方法

img_13_7_11

 

グラサード各構法におけるガラスの厚さ別使用可能高さ

フェイスプレート
呼び厚さ(ミリ)
ガラス高さ
グラサードF(自立型) グラサードS(吊下げ型)
8 4.0m未満
10 4.5m未満 4.5m以上、5.0m未満
12 5.0m未満 5.0m以上、5.5m未満
15 5.5m未満 5.5m以上、6.0m未満
19 6.0m未満 6.0m以上、10.0m未満

注)リブガラスは、接着代確保のために15ミリ以上とします。