多用途展開商品

化学強化特殊ガラス

Leoflex®

<注意事項>特殊ガラスのため、ご使用にあたっては事前に商品特性についての技術検討が必要になります。お問い合わせください。

化学強化された特殊ガラス〈Leoflex®〉は通常のソーダライムガラスよりも高い強度が得られ、薄くしても割れにくいことから、ガラスの大幅な軽量化を可能にします。

断面図イメージ

▼ 薄くて強い
薄くても化学強化処理により圧縮応力が生成され、強度が高くなっています。厚さのバリエーションは0.55mm, 0.85mm, 1.1mm, 1.3mmを標準品としています。合わせガラス仕様も可能、0.55mm厚のLeoflex®を使用することで総厚1.5mm以下の合わせガラスも可能となります。

▼ 軽くて強い
0.55mm厚のガラスは1㎡当り約1.4kgと4mm厚の強化ガラスと比較して1/7以下の重量となります。軽量化が求められている分野で驚きの軽さを実現します。

▼ 傷つきにくい
スクラッチマシンでの社内テストで、〈Leoflex®〉とソーダライム物理強化ガラスを比較。傷つきにくさで〈Leoflex®〉の優位性が確認されました。

▼ 曲げられる
薄さによる弾性の特徴を活かし、構造物に追随するコールドフォーミングを実現。様々な意匠性の提供を可能にします。





バリエーション

ラインナップ

見積り例

参考価格

化学強化とは

img_15_1_6

ガラス中にはNa+イオン、溶液中にはK+イオンがあります。→Na+イオンとK+イオンが、イオン交換により入れ替わります。

スクラッチテスト -社内試験-

img_15_1_7

紫外線カット率