マンション改修用薄型・Low-Eペアガラス

ペアスマート®

意匠性

防火タイプの場合、網のない耐熱強化ガラスを両側に採用。 網がないことで、外の風景もすっきり見えます。 また、サビ割れ、熱割れの心配もありません。

smart_04

軽量

網入り板ガラスからペアガラスへと替えた場合の多くは、ガラスの厚みが増すため重量が重くなりサッシへの負荷が増加します。
<ペアスマート>の場合、既存の網入り板ガラスとほぼ同じ重量のため、サッシへの負荷が変わらず安心です。

■網入板ガラスから〈ペアスマート〉への取り替え

smart_05

高遮熱・断熱性

ガラスとガラスの間にはクリプトンガスを封入、遮熱・断熱効果を高めるLow-Eペアガラス構造となっています。
結露の発生やエネルギー消費を抑える効果があります。

smart_06

安心・安全

<ペアスマート>の素板には、特殊なエッジ加工と強化処理によって高い強度を実現する耐熱強化ガラスを採用しています。
万が一の破損時は、小さな破片となるため、人体を傷つけにくい効果があります。
※非防火タイプ・普通Low-E仕様には耐熱強化ガラスが使われていません。

smart_07

〈注意事項〉
●耐熱強化ガラスの特徴として、ガラス表面の傷やガラス中の引っ張り応力層に残存する不純物の体積変化に起因し外力が加わっていない状態で不意に破損することがあります。
●熱処理の影響により、1枚ガラスと比較して反射映像のゆがみが大きくなります。
●防火タイプの場合、<ペアスマート>の上端から、床面や地上面などガラス破損時の破片が到達する箇所までの高さ(距離)が3m以下となる箇所に設置してください。