Javascript is disabled.


横浜市神奈川区の高台に建つ、RC+鉄骨造4層の建築家自邸。都市部に位置する24坪の敷地は、不整五角形、傾斜地、全面道路の2/3が公共階段、隣接する擁壁、といくつかの制約を抱えていた。

施主が望んだのは、緑に囲まれ、全ての空間を家族全員で使い、気持ちの良い浴室がある家。これを敷地条件と照らし合わせ、上下に積み重ねたワンルーム形式の生活空間の周囲に、段差をつけて光・風・人の動線と水廻りやテラスを配置することで解決した。

圧巻は、2階の大半を3階のロフト上部まで吹抜けにし、そこに4面ガラス張りのボックス(全周15.2m、高さ1.4m)を載せた点。内部にいると空中に浮かんだ感じが満喫できる。青空に向かって開かれたガラスボックスは、外観・内観上もまさにこの家を特徴づける大きな要素となっている。

開口部に用いられた厚さ6.8mmの網入りガラスは、頂部に限らず、階段室・キッチン・浴室・1階テラスのトップライトにも用いられ、光をふんだんに導き入れる装置としの役割を果たしている。

結果として、設計上のキーワードである「光、風、緑、眺望、リラックス」が余すところなく満たされた明るく快適で居心地の良い内部空間が創り出され、設計者自身が意図した「肩の力を抜いた家」となっている。
上:東側立面図。唯一開かれている東側にガラス開口を多く設け眺望を確保。左側は公共階段と擁壁。
右上:ウレタンをガルバリウム鋼板で巻いた屋根を持つ4面開口のガラスボックスが載る東南側外観。
右中左:キッチンのトップライト、浴室のトップライト、ロフトのガラスボックスが段状に配され、コンクリートの打放し壁面と好対照をなす南側外観。左側の樹木の奥に玄関がある。
右中右:階段室の見上げ。屋根全面のトップライト、張り出し床のグレーチング、手摺り兼用の小型洗面器の透明な天板により、地階まで光が届く。
右下:床と天井がコンクリート打放しの1階リビング(床はデッキ材)。左側は玄関と階段室に繋がる。奥は45cm高い書斎スペースと、夫の要望を満たした畳敷きのベッドスペース。
 

ページTOPへ