Javascript is disabled.


東京都台東区蔵前にある典型的な都市部の敷地21坪に建つRC造4層の住宅。建物の構成は、1階が車庫と施主が趣味とするバイクの整備スペース、2階が施主の母が通いで利用する踊りと三味線の稽古場、3階と4階が家族4人の居住スペース。

設計に際してのテーマは、隣家が接する下町の高密度地域における「終のすみか」をいかに創るかで、それは縦に連なる4層の外部吹抜けと横に連なる5つのバルコニー、そして内部空間の要となる階段室、さらには外部吹抜けと階段室に接する2層の吹抜けを持つ居間食堂スペースに表現されている。

しかも、階段室の2面と外部吹抜けの1面が厚さ10mmの大きな透明強化ガラス張り、階段の踏み板も全てガラス、そして階段室の上部全面がトップライトと、ガラスが多用されている。それにより光と風の道が創り出され、空間の視覚的な広がりがもたらされ、設計上のキーワードである「光・風・視線」が見事に満たされている。

この家の特徴でもあるガラス張りの階段室に接する2層吹抜けの居間部分は、視線が抜けしかも壁と天井が白っぽい色で仕上げられているので、敷地の狭さを感じさせない明るく健康的な開放感あふれる空間となっている。
上:施主が一番気に入っている開放的な2層吹抜けの居間。トップライトのある階段室と外部吹抜けを囲うガラス壁を通して内部・外部への視線が抜ける。そのため階段が室内にあるように感じられる。4階の渡り廊下には書斎スペースが設けられている。
右上:ガラスの踏み面を持つ白く塗られた鉄骨階段と階段室のガラス壁を介して見た居間食堂部分。ガラスの効果が十分に発揮され、光で満ちた心地よい空間となっている。床はサクラフローリング仕上げ。
下左:下町の商業地域内の住宅として独特な表情を見せる西側外観。コンクリート打放しの外壁とバルコニーの木製手摺ルーバーが好対照をなす。外観からは仕掛けに富んだ内部空間を想像するのは難しい。1階のポーチ左側に玄関がある。
下右:ガラス壁越しに階段室と居間部分を見る。
 

ページTOPへ