Javascript is disabled.


横浜市青葉区の住宅街にある矩形の南東角地に建つRC造3層の2世帯住宅。建物構成は地階が納戸と書庫兼用の多目的スペース、1階が家族団らんの場であるLDKと母親の和室と水廻り、2階が寝室群。

施主の望みは「プライバシーを保ちながらも開放感に満ちたかっこいい家」。それは、居間に取り込まれた鉄骨製のオープンな階段や、引き戸による居間と和室との繋がりなどに見られるが、最も象徴的に表現されているのは、この家の大きな特徴ともなっているLDKの南側に張り出した2層吹抜けの鉄骨造サンルーム。

サンルームの壁面は厚さ6.8mmの透明菱ワイヤーガラスを用いた総ガラス張りで、サッシュを含めた面積は約34㎡。そのガラス壁により居間部分が外部との一体感を増し、より水平方向への広がりを強調している。また壁面のみならず、床部分にも厚さ8mmの透明強化ガラス(面積約5㎡)が用いられている。そのため吹抜けで1階と2階が、ガラス床で1階と地階が、それぞれ繋がれた状態となり、家全体がサンルームを介して垂直方向で結ばれている。

このように、タテ・ヨコに空間が広がることで光と風と可視性が得られ、結果として内部では、開放感にあふれた心地よい空間が随所に創り出されている。
上:南側外観とは対照的に、コンクリートの壁面が「閉じた」表情を見せる北東側外観。中央が玄関で扉脇と欄間のガラスを通して内部に光が差し込む。
右上:ガラス張りのサンルームが背後のコンクリート壁面より突出し「開いた」表情を強く意識させる南東側外観。2層吹抜けのサンルームは3層に区分され、各層に配された引き戸で通風を可能にする。
下左:2階よりの階段部分見下ろし。正面はサンルームのガラス壁とガラス床。1階の右がLDK、左が母親の和室。右上部は2階寝室の回転扉。階段を介した巧妙なプランニングで家族の関係と暮らしに配慮。
下右:サンルームからの光がふんだんに射し込み、壁面に光と影の絶妙な紋様を描き出すLDK。軽快な鉄骨製階段の向こうにある引き戸を開けると、母親の和室とつながり、空間はさらに広がる。
 

ページTOPへ