Javascript is disabled.


東京都目黒区の住宅地に建つ鉄骨造2階の住宅。敷地は緑道と密集した住宅群に囲まれた南北に細長い13坪の狭小地。建物の構成は1階が寝室と洗面室・浴室。2階がリビングダイニング。リビングの吹抜け上部には屋外デッキと接するロフトがある。

建築の構造設計者である施主が望んだのは、プライベートスペースを省いた奇をてらわないシンプルで開放感があり、光と風が部屋中に満ちる快適な家。こうした条件下で「都市部の典型的な狭小敷地に豊かな住空間を、ありふれた素材を効果的に使っていかに確保するか」が設計の大きなテーマであった。解決策として設計者が重視したのは、主張する空間ではなく、領域の境界が曖昧につながり霞んでしまうような「空気感漂う空間」。空気をそれとなく感じる雰囲気を可能にしているのが、この家の特徴ともいえる南北の両面に設けられた天井高いっぱいのペアガラス(5+5ミリ)開口部である。

半地下やロフトも入れると4層構造にもなる内部は、大きなガラス面を通して南北かつ上下方向に空気と視線が抜け、8坪の住宅とは思えないほど豊かな表情を持ち、居心地の良さを濃厚に発散させている。
上:幅3.44m高さ3.75mの大きなガラス開口部が特徴の南側外観。外壁にいぶし銀仕上げのガルバリウム鋼板を用いたことで、特異なデザインにもかかわらず周囲の建物とは違和感がない。
右上:幅3.44m高さ1.71mの2階部分を占める大胆なガラス開口部の存在を誇示するかのように語りかける北側外観の夜景。緑道を通る人々は明かりが灯り暖かな雰囲気を醸し出すリビングダイニングに必ず目を向けるという。下は寝室、上はロフトの開口部。写真:十亀雅仁
下右:南側外観の夜景。2層の引き違いガラス開口部越しに、柔らかい光で包まれたリビングの吹抜け空間とロフト部分が浮かび上がる。
 

ページTOPへ