二棟を繋ぐガラスのブリッジを持つ家(1):Design Files|旭硝子のGlass-Plaza Pro

東京都下の住宅地に建つ木造住宅。建物は東西に長い矩形敷地の北側と南側に、LDKと個室群から成る地下1階・地上2階の北棟と、和室と予備室から成る地上2階の南棟が庭をはさんで平行に配された二棟構成で、その間をガラスのブリッジとデッキが繋いでいる。

二棟配置は「プライバシーと防犯を考慮しつつできるだけ明るい空間がほしい」という施主の要望に沿ったためである。結果としてこの建物では三つの“つなぐ”がキーワードとなった。一つは屋内で結びつけるガラスのブリッジ。二つは縦横に走る屋外デッキ。三つは緑を介して視界を広げる庭。特に建物を最も特徴づける幅1m長さ3.5m高さ2.3mの総ガラス張りブリッジは屋内通路として機能し、両棟間を不自由なくかつ外部の風景を楽しみながら行き来できる場となっている。

また、フラットバーを井桁状に組んだごく薄い形状の上に板材を載せた屋外デッキは、北棟のLDKと南棟の和室を結びかつ様々な活動を可能にする憩いの場となっている。さらに、敷地の東西を貫通し南側に広がるL字型の庭は緩衝地帯となっているだけでなく、前面道路から隣家の庭を隔てた道路まで視線が抜ける心地よい場となっている。

内部においては、特にLDKでは大きな掃出し窓やトップライトや傾斜天井の特徴を活かしたハイサイド窓などによって、様々な角度からの太陽光採り入れの工夫がなされ、明るく快適な空間を造り出している。
上:2階デッキから見た北棟の居間部分。デッキに面した掃出し窓の上には日射調整と雨天時の出入りを考慮したスチール製の庇があり、その上の外壁には高さ40cmのハイサイド窓が連続して並ぶ。
右上:庭に面して南北両棟が対峙し、その間をガラスのブリッジとカナダ杉板貼りの屋外デッキが結ぶ“つなぐ”部分。ブリッジの大きなガラス面と東西に真っ直ぐに通る庭を介して視線が抜ける。厚さ16ミリ高さ100ミリのスチール製フラットバーで構成されたデッキの下は駐車スペースとしても使用される。北棟(右側)に繋がるブリッジの下が玄関。
右下:南棟の細長いスリット窓とセメント板に白色系塗装仕上げの外壁が印象的な、プライバシーと防犯を考慮した開口部の少ない東側外観。