Javascript is disabled.


東京都港区南麻布に建つRC造4階建ての典型的な都市型住宅。敷地は道路に面する南側以外の3面を4~7層の建物に囲まれた約8坪の矩形狭小地。建物は1階がガレージ、ホール、寝室、スキップフロアになった2~4階が下階から順に洗面・浴室、収納、子供室、LDK、ワークスペースという構成。

間口の狭い都心部の敷地では光や風や視線のために外を閉鎖的にして内に中庭を設ける例が多い。だがこの家では南側を全面ガラス開口部にして可能な限りオープンな外形にし、内部を北側が半階分下がったスキップフロア構成にしている。この形態によって家の奥まで光が届き、しかも自宅でパーティを開く機会の多い施主が望む多様な居場所の創出を可能にしている。

外観を特徴づける南側の連続した総面積32㎡のガラス開口部には2種のペアガラスを使用(下層部には、網入ガラス厚6.8mm+空気層6mm+フロストガラス厚5mm。上層部には、網入ガラス厚6.8mm+空気層6mm+Low-Eガラス厚8mm)。この一方向からの大きなガラス面を通して入り込む陽光の強さや位置は室内にいても自然の変化を充分に感じさせると同時に、人と人とが集い会う場の雰囲気を効果的に盛り上げている。また連続性のあるベンチサイズの片持ちスラブ、座るのに適した手摺付きキャットウォークなど、この家では親密度の違いや興味などに応じて家族と訪問者が柔軟に対応できる設えが随所にある。
上:より多くの光を取り込むために工夫された厚10ミリの強化ガラスをスチールで支えた4階バルコニーのガラス手摺り。
右上:斜めに切り取ったシャープなエッジ枠でガラス開口部全体を出窓風に処理したコンクリート打放しの南側外観。ガラス面のデザインに変化を持たせることで周囲の建物とは一味違った表情をみせる。1階の左側が玄関、右側がガレージ。
下左・中・右:「北側キッチンにもかかわらず南側のリビングとワークスペースのガラス開口を通して光が射し込み大変明るい」と施主が気に入っているDK部分。コンクリート打放しの壁や梁に光の紋様が時間帯に応じて様々に描き出され心地よい空間となっている。床はビニールタイル仕上げ。
 

ページTOPへ