Javascript is disabled.


東京都江東区の大型倉庫が建ち並び町工場と住宅が混在する一角に建つ鉄骨造2階の倉庫コンバージョン住宅。敷地は狭い路地に面した奥行きの長い矩形。建物は1階がガレージ・スタジオ・浴室等、2階がLDK・寝室・側室・ワークスペースで構成。

この構成は「倉庫のような空間に住みたい」という施主の要望に応えて、元の倉庫が持つ力強いシンプルな空間が活きるよう既存の骨組とスラブを活用してプライバシーが要求されるスペースをボックスとして各階に配置したためである。1階のボックスには洗面・浴室・納戸、2階のボックスには寝室・トイレを収納。またダイニングまで土間を引き込み完全な住居化を避けている。

特にかつての倉庫空間からは想像も出来ない程豊かに変身したLDKを含む2階のダイナミックな空間は、南側の妻壁全体がガラス張りにされているため光と影が織りなす劇的効果を一層高めている。飛散防止フィルム張り厚さ8ミリのフロートガラスによる面積16㎡の大きなガラス壁は、この家の外観上の特徴になっていると同時に大量の光を内部に取り込み、心地よい居住空間の創出に大きく貢献している。また暗くなりがちな中央のダイニング上部には厚さ1.5ミリの波形FRPによる面積約9㎡のトップライトを設け明るさも充分に確保している。
内部は外壁に用いたサンドイッチパネルがそのまま見えるなど仕上げが最低限に抑えられているためクールな印象を与える。
上:FRP製トップライトから柔らかな昼光が射し込む2階のダイニング・キッチン。
右上:1階の銀色ガルバリウム鋼板サンドイッチパネルおよびガレージシャッターと2階の大きなフロートガラス開口部が好対照をなし、印象深い端正なたたずまいをみせる南側外観。
右中上:躯体が露出した改装前の2階内部。
右中下:1階のガレージ。FRPパネルと構造用合板で囲われた部分は浴室・洗面・納戸。
右下:築後30年経過しこれといった特徴もないモルタル仕上げの改装前南側ファサード。
 

ページTOPへ