ガラス壁越しに「海への眺望」を可能にした家(1):Design Files|旭硝子のGlass-Plaza Pro

神奈川県葉山町の急傾斜地に建つ木造(一部RC造)3層の住宅。敷地は海に向かって道路レベルより1層分低いほぼ矩形で、建物は1階に和室・客室、2階に駐車場・寝室、3階にLDK・浴室を配した構成。

最上層が下層よりも大きくしかも北側に向かってスレンダーとなる3層の特殊形態は、樹木の茂る低くなった西側隣地に今後3層の建物が建つ可能性があること、施主が最も望む海への眺望を将来に渡って確保すること、建ぺい率・容積率・北側斜線・日影など厳しい法的条件をクリアーすることなど、設計上の要件を検討した結果である。

外観は傾斜地のため全く異なった表情を持つ。西側は3層全てが見えるのに対し東側は2層しか見えない。だがいずれの側もガラス壁が大部分を占め、中でもLDの東西両面に設けられた総面積約40㎡のガラス壁は圧巻である。西側に厚8ミリ東側に厚6ミリの透明ペアガラスを2.55mの天井高いっぱいに用いた大きなガラス壁によって、室内は光で満ち視界が広がる快適な居住空間となっている。

LDに限らずこの家では、1階の和室・廊下・2層吹抜けの客室、2階の寝室・書斎、3階のキッチン・浴室・洗面所にも形とサイズの異なる窓が設けられ、様々なレベルと角度からの視界が確保されている。絶好のロケーションを活かした内から外への視線は変化に富む「海の眺望」をもたらし、窓が額縁となりそこに映じる風景は絵として捉えられる。ためにこの家は各部屋が展示室ともいえる美術館の雰囲気を醸し出している。

上:東側外観。登り坂に沿ってアプローチすると2本脚で空に浮かぶ「ガラスの箱」のような3階部分が目に飛び込む。木製方立てをリズミカルに配したガラス壁の軽快な姿は印象深い
右上:太陽が沈むにつれガラス面と室内が様々な色彩を呈して豊かな表情を見せる夕暮れ時の東側外観。駐車場からは建物の門型フレームを通してまた両面ガラス張りの透けた室内越しに、美しい海と空の風景が得られる。駐車場の左奥が外壁と同じ仕上げの扉を持つ玄関
右下:3層で急傾斜地に立つ様子がよくわかる西側外観。黒系に塗られた杉板張りの外壁と光を受けて白く輝くガラス壁とが好対照をなす。