Javascript is disabled.


横浜市保土ヶ谷区の高台に建つ三世代5人が暮らす2層の住宅。敷地は雛壇上の中腹に位置した東西に長いほぼ矩形で、建物は1階にリビング・屋外デッキ、ダイニングキッチン、洗面・浴室・トイレ、床下収納、2階に玄関、若夫婦寝室、母親個室、ロフト付き子供室を配した構成。

2層分の吹抜けを持ち生活動線の要であるリビングの両脇に諸室を配した構成は、山側の前面道路から谷に抜ける視界が得られる敷地環境を生活空間の中に取り込みかつ隣家を考慮し「外を閉じ内に開いた」形態にするためであった。外への視線が得られ光と風が充分に確保できる明るく快適な生活空間となるよう、この家ではガラス開口部を効果的に処理している。

リビングの東西端には床から天井までシングルガラス厚6mmと8mmを用いた面積約12m2の全面ガラス壁が、南側屋根端部には合わせガラス厚3+3mmによる幅1.2m長さ9.6mのトップライトが、2階南側壁面にはシングルガラス厚5mmによる高さ900mmの高窓が設けられ、3種の大きくまた長いガラス開口部が家の特徴ともなっている。
家の中央に位置しダイニングキッチンと一体化した開放的な細長いリビングには、気軽に腰掛られる長さ1.7mのベンチ階段と食事や勉強や家事など何でもできる高さ400mm長さ3.6mの堀りコタツがあり、リビングから1.2m高い子供室の床と共に、高低差が生み出す様々な視線の変化で暮らしの楽しさが満喫できるようになっている。
上:手動で床面まで下がる幅700mmの堀りコタツを備えた幅2.6m天井高4.3mのリビングから玄関方向を見る。左がダイニングキッチン、右が子供室
上・下右:幅2.6m高さ4.5mの大きなガラス壁、細長い高窓、斜めに長く連なるトップライトを通して内部の明かりが淡く浮かび上がり幻想的な表情を見せる東側外観夜景。屋根・外壁の仕上げシルバーホワイト色のカラーベストが外に閉じ内に開いたシンプルながらも端正な建物形態をさりげなく包み、1.9m大きく張り出した玄関庇と共に周囲の建物とは一味違う印象深い佇まいを醸し出している。チェッカープレート張り鉄骨階段の先が玄関。階段両脇の駐車スペース床はエキスパンドメタル張り。
 

ページTOPへ