Javascript is disabled.


千葉県柏市の田園風景が残る丘陵地に建つ木造2階建住宅。敷地は南北に長い矩形の平坦地で、建物は1階にLDK・浴室・洗面・トイレ、中2階にスタジオ、2階に主寝室・子供室・ギャラリー・屋外コート、屋上にデッキテラスを配した構成。

施主は景観用の屋上デッキ、駐車場と増築スペースの確保、省エネ配慮そして快適な居住性を望んだ。設計ではこれらの条件に叶うよう建物形態を凹凸のないコンパクトな形態にし、その一方で外観デザインと内部空間が豊かな表情を持つよう工夫を施した。外観では1階の壁を開放的に2階の壁を閉鎖的に扱い「開/閉」の対比を巧妙に創り出している。内部では床レベルと天井形態に変化を与える独特な吹抜を設け、垂直方向での様々なシーンを展開させている。

また空間構成を生活空間(LD等の公的領域や寝室等の私的領域)と付属空間(生活空間を拡張したり採光や換気や防音等の機能性向上を担う)に大分し、2種の空間が相互に重合・並列・貫入して多様な空間イメージを誘発させるようにしている。

こうした居住性に関する処理はガラス多用の壁と開口部に表現されている。1階の3方向に長さ約20mに渡って配置された透明ガラスブロック壁、1階開口部の防犯ペアガラスサッシュ、2階4周壁に穿たれたペアガラス入りの縦長窓や換気窓。特にガラス壁は家を最も特徴づけ、ガラス越しに射し込む様々な光は美しさを感じさせ、室内空間に心落ち着く雰囲気をもたらしている。
 

上:南西側外観夜景。LDKのガラス壁とLDKの吹抜・階段上部に設けられた縦長の窓を通して室内の柔らかな明かりが淡く輝き、屋外に置かれた照明器具のようなたたずまいを見せる。
右上:コンパクトな建物形態を呈する南側外観。透明ガラスブロック(190×190mm・厚80mm)+防犯ペアガラス(FL3+FL3+A6+FL5mm)入りアルミサッシで構成された1階部分とアクリル樹脂系塗料吹付けの白っぽい外壁とが好対照を見せ、周囲の建物とは一味違う印象を与える。
右下:ガラスブロックで囲まれた1階のLD部分。室内からは緑豊かな丘陵地の風景が見える。

 

 

ページTOPへ