Javascript is disabled.


埼玉県幸手市の市街地に建つ鉄骨造2階建ての住宅。敷地は交通量の多い県道と市道が鋭角に交差する台形状のほぼ平坦な角地。建物は中央の外部コートを囲むかたちで、1階が玄関ポーチ・ホール・LDK・個室群、2階が寝室・アトリエ・納戸・トイレ・洗面所・浴室・ルーフテラスという構成。

外を閉じ内に開いた全体構成は、施主が望んだ「交通騒音への配慮、妻用のアトリエ併設、大きな外部空間の確保、ガラス張りの開放的な明るい居室空間」に応えたものである。この家を最も特徴づけているのは、敷地を南北に分断するかたちで中央に配置された大きな外部コートに面する部分が1・2階を含め全てガラススクリーンで覆われた点である。

全長約23mにも達し、固定部に厚6mmの透明ガラス、可動部にペアガラス(5+6+5mm)入りアルミサッシュを採用したガラススクリーンは、LDKの高窓や浴室などに用いられたガラス開口部と相まって、建物内外の一体感を高める役割を担っている。
連続するガラススクリーンを通して得られる「見ること」「見られること」の視覚的効果とコート上部のヴォリュームを経由して得られる様々な音は、家族の気配を濃密に伝えると同時に、日々の生活における新しい発見にもつながっている。コート幅約4mの距離で起きるこうした状況は、単純な建物構成に内在する空間の多重性をもたらし、開放感・安心・安らぎ・楽しさで満ちる内部空間の新しい創出へとつながっている。
上:外部コートの夜景。敷地の1/3を占めるコートの南側に平屋のLDK、北側に2階建ての個室群とアトリエ、西側2階に水廻り部分がコの字型で配置され、ひとつながりの空間を構成する。
下左:ガラススクリーンが連続し変化に富んだ空間となっているLDKの夜景。LとDKの床レベル差は525mm。DKの天井高は2820~3010mm。
下右:交通騒音を遮断するため閉鎖的に処理された南東側外観。シルバー色のガルバリウム鋼板鎧張りの外壁をまとった印象深い姿は周辺住宅と一味違う佇まいを見せる。左側が玄関。
 

ページTOPへ