Javascript is disabled.


東京都三鷹市の住宅地に建つ木造2階の住宅。敷地はバス通りに面した南北に長い矩形で、建物は1階にDK、コーナー1、アルコブ、トイレ、洗面・浴室、2階にコーナー2と3を配したシンプルな構成。

与条件として車椅子生活の男性とその介護者である両親との生活の場の共有、通りとの繋がりがスムーズな住空間の創出が挙げられ、結果として開放的な2つの筒状空間(DK、コーナー1・2・3を配置)とそれに平行する閉鎖的な帯状空間(アルコブ、トイレ、収納等を配置)という性質の異なる2種類の空間が組み合うユニークな形態となった。

この家を特徴づけるのは筒状空間内に各自の居場所をコーナーとして設え距離を保つと同時に間仕切壁がないので一体的に使えることと、筒の南北両端部にペアガラス(5+6+5mm)使用の開口部を設けた点である。特に東側の天井高約4.5mの長大な筒状空間に設けられた2つの大きなガラス開口部は、通りから奥までの視覚的な抜けをもたらし、風の流れを誘い、南北で質の異なる光を取り込む。そのため内外一体の感を強く与えると共に、完全外断熱、屋根・外壁の通気層、床暖房、基礎コンクリート蓄熱などサスティナブルデザイン手法を用いたことで、内外の空気が滑らかに繋がる開放感溢れた快適で明るく変化に富んだ内部空間を創り出している。
上:帯状空間の左右に配された2つの筒状空間が透明ペアガラス入り開口部を通して幻想的に浮かび上がる南側外観夕景。西側1階の明かりが灯る部分はスチールドアを開けた状態の玄関。
下:1階の東側筒状空間。ダイニングキッチンから鉄骨製階段を介して南側のコーナー1を見る。ガラス開口部の先には果樹園の眺望が得られる。
 

ページTOPへ