Javascript is disabled.


斜めの帯状ガラス開口部が多様な光と景色をもたらす家
川崎市麻生区の高台住宅地に建つ木造3階の住宅。敷地は前面道路から2.4m高い擁壁上の矩形で、建物は1階に主寝室、洋室、トイレ・洗面脱衣・浴室、光庭、2階に畳室、納戸、3階にLDK、書斎を配した構成。

ほぼ正方形平面の中に巧妙に配置したこの空間構成は、リビングからの景観、ひな壇下の駐車場上部の有効活用、大きな書籍棚のある主寝室、一緒に暮らす犬への配慮という施主からの要望と敷地の特徴を活かした結果である。

この家の特徴は最上階のLDKへ至るL字型階段室壁とリビングの壁に、高さ615mmの帯状ガラス開口部2つを「斜め」に配置した点である。

厚5mmの透明ガラスを使用し階段の勾配に近い形で家型の平滑な妻側外壁にやや突出して配置された斜窓は、各部屋の様子や外の景色や家族の気配を感じ取るコミュニケーション装置としての役目も果たす階段室を様々な光で満たすと共に、天窓からの光も取り込み適度な開放感があり、しかも室内からの見下ろしや遠方の景色を日々楽しませてくれるLDKを快適な生活の場に創り上げている。
左上:家型の形態・白色塗装の外壁・黒色の霜除けと水切りで縁取られた斜窓が個性的な表情を見せ印象深い東側外観。左側は高さ5.1mの大きなエントランス。
左下:斜窓・側窓・天窓から様々な光と外の風景を取込む階段室。階段動線上には寝室・畳室・光庭があり家族の交流の場としても機能する。踊場には厚10mmのポリカーボネートを使用。
右:最上階のLDK。ガラス間仕切りのあるキッチンの左は書斎。
  ></a></td>
    </tr>
  </table>
<!-- InstanceEndEditable -->
</div>
<div id=
  • デジタルカタログ
各種計算ツール
強度計算ナビ
熱光学性能計算ナビ
結露計算ナビ
遮音計算ナビ
  • 施工例検索
  • よくあるお問い合わせ
  • 商品改廃情報
  • ポイント法・グリーン購入法
  • ガラスの豆知識

ページTOPへ