Javascript is disabled.


ガラス壁で浮遊感を味わい環境と向き合う生活が楽しめる家
川崎市宮前区の住宅地に建つ3層の事務所兼住宅。敷地は雛壇状造成地で、建物は地下1階が事務所、駐車場、1階が個室、洗面所・トイレ・浴室、納戸、2階が玄関、LDKという構成。

設計で重視したのは谷間状の北向き傾斜の窮屈な立地と視線を考慮し、既存の地形や擁壁や植栽をできるだけ活用してこの立地ならではの環境と向き合う生活空間を創り出すこと。結果として、庭を介して雛壇状に重なる家屋や擁壁や樹木など自然と人工物の混ざった眺めが得られる開放的で生活感の濃い南側、上部の横長窓から道路や丘の風物が見られるやや閉鎖的で生活感の薄い北側、という異なる二つの風景と外観を得た。

対照的な風景の間を様々な動線が繋ぐと同時に、移動する視線と移動自体を俯瞰できる視線とが共に建物内外の至る所で意図的につくりこまれている。そして視線の可視性を高めているのがこの家の特徴ともいえる、南北両面に使用された厚8mmのフロートガラスによる壁と開口部。特に南面約24㎡・北面約17㎡をガラスで大胆に囲った2階LDKは内外の風景が一つに繋ぎ合わされ、まるで空中に浮かんだような雰囲気を漂わせる。
上:道路側から一段高い位置にアオハダとヒメシャラを植えた庭を設け、それに面してガラス壁と開口部が並び周囲の家とは一味違うユニークなたたずまいを見せる南側外観。鉄骨製階段の先が玄関。
中:銀色のガルバリウム鋼板外壁と2階の眺望用横長窓が好対照を見せるシンプルな箱型デザインの北側外観。
下:環境との一体化を示す断面概要図。雛壇状の敷地形状を活かし建物を北側に寄せ南側に庭を設けて緑と広がりを確保。
 

ページTOPへ