Javascript is disabled.


横浜市西区に建つ鉄骨造3層の住宅。敷地は南北に細長い平坦な狭小地で、建物は1階がゲストルーム、2階がLDK、スキップフロア型の3階が書斎、洗面・トイレ・浴室、寝室という構成。

施主は内外の境界が曖昧で「ほぼソト」のような開放的な暮らしを望んだ。そこで設計者は、想定ヴォリュームを立体的に分割しツリーハウスのようなフレーム構造と一体化することで余白的なスペースを介入させ、視界に入る表面積を増やして水平・垂直方向の広がりが得られるようにした。結果として、余白である外部の延長のような場と、分割したヴォリュームの相互関係で生じた内部の日向・日陰とにより、上階へいくにつれ楽しさが増すという上昇感の強い空間が生み出された。

この家を最も特徴づける縦と横の広がり感は絶妙な空間構成もさることながら、壁面と屋根面に網入り型ガラスによるペアガラス(6+8+8mm)を多量に使用した結果でもある。特に建物の2階中央部にある2層吹抜けの場は大きなガラスの壁と屋根で包み込まれ、まさに「ほぼソト」を感じさせ、住宅とは思えない開放感にあふれた快適な空間となっている。
上:2階の居間と食堂の境目にある「ほぼソト」の2層吹抜け部分。左右のガラス壁とガラス屋根を通して柔らかな光が一日中空間を満たし、間口4mの狭さを感じさせない広々とした心地良い雰囲気を醸し出している。3階の書斎とその上の寝室に繋がる2つの軽快な鉄骨階段がアクセントとなり空間を引き締める。正面奥はキッチン部分。
中:間口5m奥行13mの敷地いっぱいに建ち、正面の大ガラス開口部、側面のガラス壁、グレー色塗装仕上げの外壁が独特の表情をみせ、周囲の建物とは一味違うたたずまいをみせる南西側外観。1階道路側の駐車場の奥が玄関。
下:多量のガラス壁(薄青色)の配置がよくわかる東立面図(左)と西立面図(右)。
 

ページTOPへ