Javascript is disabled.


横浜市緑区の高台に建つRC造+木造3層の住宅。道路から約2.5m高い位置にある敷地は段差のある段状矩形地で、建物は地階に書斎、1階にLDKと子供スペース、2階に寝室、浴室・洗面・トイレを配した構成。

施主でもある設計者は特異な敷地形状と眺望が得られる点を活かした開放的な空間を目指した。まず土地の起伏に沿って構成された1階を、中央部に90cmの段差を持つスキップフロア型の大きなワンルーム空間とし、その大空間内にブリッジで繋がれた2つの黒い箱(上下に重なる縦長のキッチン・浴室ボックスと、空中に浮かんだような横長の寝室ボックス)を配置することで、ボックスインボックスの構造を明確にした。次に、東側に大きな開口部を、西側に向かって小さな開口部を設けることで、また天井高を2.2m~4.75mへと変化させることで、東西に長い単純な箱状のワンルーム空間にヒエラルキーを与えた。

東側の2.6m角の巨大なピクチャーウィンドウ、南側の幅2m高さ3.4mの大きな縦長窓と幅1.8m高さ2mのテラス戸、西側の通風用小窓と幅0.5m長さ2.7mのトップライト2つ。家を特徴づけるこれら形状も大きさも異なるガラス開口部によって、1階は素晴らしい眺望を得、しかも空間のいき詰まり感がなく、快適で明るく楽しい生活空間となっている。
上:擁壁を兼ねた地階のRC造書斎とその上に載る2層の木造住宅部分が好対照をなす南東側外観。書斎のフロートガラス厚10mm使用の大きなガラス壁と1階子供スペースの巨大なピクチャーウィンドウが目を引き、周囲の建物とは異なる外観デザインを呈する。
中上:道路から約2.5m高い敷地の特徴を活かした形態を如実に示す北東側外観。
中下:ガルバリウム鋼板折版屋根と角波金属板張り外壁が特徴の南側外観。敷地内の約1.8mの段差をそのまま活かし東に向かって開口部を大きくしている。縦長窓の上がデッキ。
下:施主が気に入っている2階寝室の東側に設けられた快適なデッキ。住宅地では重要な開けた空間であり、遠くにランドマークタワーが望める。
 

ページTOPへ