Javascript is disabled.


栃木県鹿沼市に建つRC造一部鉄骨造の平屋住宅。敷地は東西に長い矩形の平坦地で、建物はLDKの西側に子供室、学習スペース、トイレ・洗面・浴室、中庭、東側に寝室を配した構成。

施主は「収納が充実し、犬と遊べ、畑地の風景が得られるシンプルで広々と暮らせる家」を要望。設計者は景観用に開いた南側と収納用に閉じた北側に大きくゾーニングし、かつ“人の動きと静止”により室内で様々なドラマが生まれるよう、地面から少し高い位置にコンクリートで基壇を作り、基壇の大部分を凹にくり抜いて人が動かずにくつろぐ場とし、それを囲むように人が自由に歩き廻れるようにした。つまり、人の動きの中心に人がくつろげる場をかたちづくったのである。結果、子供室・中庭・LDK・寝室が幅980mmの通路で繋がるワンルーム空間が創り出された。

この空間は厚さ5+6+5mmのペアガラスを用いた長さ21,840mm高さ2,400mmの南側全面ガラス壁で更に強調される。それにより光が満ち溢れ、畑地の風景も得られる明るい快適な室内となり、人が動くことと動かないことの関係から生じる魅力的な生活の情景が展開される。
上:東南側外観夕景。地面より800mmの位置にRC造の基壇があり、張り出したテラスが建物の四周を巡る。庭の地面を部分的に盛り上げ基壇と繋げて庭からの出入りも可能。
中左:長大なガラス壁が人目を引く南側外観。西(左)から順に子供室、学習スペース、トイレ・洗面・浴室、中庭、玄関ブリッジ、LDK、寝室が連なる。
中右:吹付け仕上げの閉鎖的な東側外観。テラスの左は玄関へ、右は勝手口に通じる。
下:南側のテラスとガラス壁。人が歩くテラスはその姿を強調するために基壇をキャンチレバーでブリッジのように浮かせてある。ガラス壁は玄関扉を含め7箇所が開閉可能。
 

ページTOPへ