Javascript is disabled.


東京都目黒区の住宅地に建つ鉄骨造一部RC造4層の住宅。敷地は坂道を登った突き当たりの高台に位置した南北に長い平坦地。建物は地下1階が寝室・浴室、1階が玄関ホール・多目的室・トイレ、2階がLDK、3階がインナーテラスという構成。

施主は眺望が楽しめ柔らかな光で満ちたアートギャラリー風の空間を望んだ。設計者は光と風と眺望を確保するため、シンプルな箱(六面体)を3層分積み重ね、その箱を「壁+床」と「壁+天井」の2種の三面体に分けて入れ子的に組み合わせ、できた隙間を開口部や吹抜けにして3層分の閉じた箱を半ば開き半ば閉じた構成にした。それにより、吹抜けを介して下階から上階までが途切れなく続く立体的で広々とした人の気配が伝わるワンルーム空間が創り出された。

螺旋状に繋がる様々な形状・高さのガラス開口部(網入りガラス厚6.8mmと10mmを使用)はこの家を特徴づけると共に、刻々と変化する光と風を全方向から採り入れる。また階ごとに視線の抜ける方向が変わるため多様な近景遠景が得られ、流動的な内部-外部の関係を生じさせている。
上:光触媒塗料の白色外壁とガラス開口部がよくマッチし、周囲を建物に囲まれながらも開放感とプライバシーを両立させたシンプルかつシャープな佇まいが人目を引く北東側外観夕景。アプローチ回りには大胆なキャンチレバー構造を採用。
中:2階・3階のフロアレベルに横長のリボン窓として配置されたガラス開口部が印象深く、東側とはやや異なる表情を見せる西側外観夕景。2階窓高さは1450mm、3階は2000mm。
下:南西側外観とテラスの夕景。手前は地階寝室のトップライト、中央は地階ドライエリア用のグレーチング、奥は浴室のトップライト。
 

ページTOPへ