東京都内の住宅地に建つ木造2階の住宅。敷地は東西に細長い平坦地で、建物は2艘の船が絡み合うような平面で大きく3層に分かれたスキップフロア型。1層目がスタジオ、書庫、和室、給湯・トイレ、2層目がLDK、3層目が寝室、浴室・洗面室・トイレ、テラスという構成。

作家である施主はアシスタント達の仕事場・宿泊スペースを併せ持ち、仕事上でも生活の面でもクリエイティブな刺激が得られる住宅兼スタジオを望んだ。そこで設計者は生活者同士の関係性と距離感に注目すると同時に機能上必要な空間を繋ぐ動線を重視して、2棟が接する中央部に螺旋階段のある大きな吹抜けを設けた。その結果、各フロアが螺旋状に連続し対面する空間が構成され、生活者同士の親密感が高められかつ心理的な距離感も確保された。しかも四季や時間の移ろいに応じて様々に変化する情景を楽しみながらの創造的な空間が現出した。

曖昧に繋がり人の気配を感じさせる独特なこの空間を最も特徴づけるのは、吹抜けの周囲と上部を被うガラスの壁とトップライトである。ガラス面から差し込む豊富な光によって内部は開放感に満ち、住む人に内外の区別を感じさせない領域感覚を生じさせている。
上:黒いフレキシボード外壁と1・2層目の大きな開口部・最上層の連続する横長開口部(いずれもペアガラス厚3+6+3mmを使用)が動線スタディから導かれたユニークな形態にマッチし、周囲の建物とは一味違うたたずまいをみせる西側外観。敷地の四隅を切り取った部分の上部にはステンレスワイヤーを張り日除けを設けたり、植栽で隣家上階からの視線を遮る工夫をしている。玄関は左の北棟背後にあるアプローチの先にある。
中:食堂から吹抜け部分を見る。左のガラス張り部分が居間。右上は寝室と浴室。
下:最上層の寝室(左壁の奥が浴室)。白く染色したパインフローリング床、フロートガラス厚5mmで被われた格子ガラス壁と漆喰壁、漆喰天井で構成され、吹抜けを通した直接光や反射光で下階とは異なる心地良い雰囲気を醸し出している。
 

ページTOPへ