Javascript is disabled.


東京都港区の高台に建つRC造4層の二世帯住宅。敷地は間口15m奥行30mと南北に長く西側隣地に教会が聳える。建物は主に上階が親世帯の住戸(Aハウス)、下階が子世帯の住戸(Bハウス)という構成。

施主は陽当たりと景観を重視した快適で個性的な家を望んだ。設計者はあらゆる方向からの採光を得るため教会に面した中庭を囲む形で建物をコの字型に配置、また周囲の景色を取り込めるよう最上階のヴォリュームの向きを調整、さらに南側ファサードの一部を少し持ち上げることで基壇との間に空隙確保などの工夫を行った。特に空隙の奥にあるホールの3方をペアガラスのガラス壁で囲んだ処理は、Aハウスの細長い玄関を抜けた先のホールに明るさをもたらし、階段踊り場から街の雰囲気や子世帯の気配を感じさせる効果を生み、外観や内観に豊かな表情を与えている。

特徴といえる空隙の扱いと共に、この家の内外ではガラス壁が多用され、中庭に面した側は全てLow-Eペアガラス、他はペアガラスである。そのため個々の部屋はそれぞれに特色のあるシーンを備え、移動する時の期待感や部屋にたどり着いた時の安心感と居心地のよさがあり、全体として開放感にあふれた快適な空間となっている。
上:RC造の基壇(地階)上にユニークな姿を見せる南側外観。白セメントの外壁、大きなガラス開口部、細長いガラス窓、切り取られた隅部(空隙部)などが人目を惹き、その佇まいは周囲の建物と趣を異にする。ポーチの中央右がAハウスの、左がBハウスの玄関。
下右上:採光と通風を兼ねた中層庭として機能する空隙部分の夕景。空隙の奥にガラス壁で仕切られたAハウスのホールと階段室が浮かび上がる。
下右中:施主が気に入っているAハウス3階の南側ルーフバルコニーの夕景(デッキ材はジャラ)。背後のL字型に配された長さ約8m高さ2.7mのガラス壁の先がLDK。
下右下:ガラス壁が多用された西側外観夕景。中庭の右側1階の玄関アプローチの先がBハウスのLDK。左側の大きなガラス壁のある1階2階がBハウスの個室。2階右側及び3階はAハウス。
 

ページTOPへ