Javascript is disabled.


東京都目黒区の幹線道路から少し入った住宅街に建つ鉄骨造4層の住宅。敷地は東西に細長い平坦な狭小の角地で、建物は1階が駐車場とアトリエ、2階が玄関とLDK、3階が2つの寝室とトイレ、4階が書斎コーナー、洗面・浴室、テラスという構成。

施主は所定の部屋と狭さを感じさせない家を望んだ。そこで設計者は狭く高密度な敷地・法規制限・近隣視線を考慮し、将来の周辺環境変化にも対応できるよう、4枚のスラブと3つのヴォリュームを重ね合わせ、同時に外壁を囲むかたちで環状のガラス開口部を設けて、開放性に富む空間を創り出した。半透明フィルムを内側に張った厚10mmの網入りガラス開口部が外観にユニークな表情を与えるこの家では、都心の高密度住宅地における複雑な与条件への一般解となるようなアイディアも実践している。

長さ約10.8mの折れ曲がった西側ファサードを縁取るように配置されたガラス開口部がもたらす内部では、外部からの視線が和らげられ、抽象的な「光の帯」が空間のエッジをぼかしながら領域を曖昧にしている。結果、小住宅ながらも狭さを全く感じない効果を十二分にもたらしている。
上:通常の3階建て住宅の開口高さを想定して配された、ガルバリウム鋼板波板横張りの外壁の周囲を取り囲むガラス開口が、柔らかな光を発して行燈風の不思議な印象を与え、周囲の建物とは一味違う雰囲気を濃厚に醸し出す西側外観夕景。ガラス開口の幅は左が1200mmで右が1500mm、高さは上が800mmで下が900mm。ガルバリウム鋼板波板縦張り外壁の1階部分がアトリエ、その手前が駐車場。
下:4階部分が大きく突出した北側全景。建物外観をシャープにすっきりと見せるためと、内部に抽象的な光の帯の出現を鮮明にするため、ガラス壁のサッシ枠の存在感ができるだけ薄くなるよう工夫している。サッシ見付は外周部が30mm、連窓部が40mm。
 

ページTOPへ