3面を取り囲むガラス壁が開放感と景観を満喫させる家(1)|旭硝子のGlass-Plaza Pro

埼玉県ときがわ町西平に建つ鉄骨造2層の住宅。敷地は都幾川(ときがわ)の渓流沿いにある東西に長いほぼ矩形の平坦地で、建物は1階がピロティ、2階が玄関エリア、LD、キッチンブース、書斎ブース、寝室ブースの5区画から成るワンルーム形式という構成。

施主でもある設計者は終の棲家として可能な限り既成概念に捉われない開放的で安全な生活空間を望んだ。そこで、2階の北側をほぼ閉鎖的な壁とし、残りの3面を高さ2.4m長さ約15.5mに渡り厚さ10mmの透明ガラスで囲い、さらには垂木構造の大きな切妻屋根の棟部分に幅1.4m長さ約13mの透明ポリカーボネートを設置して、開放性を強調した居住スペースを創出した。結果として、生活のすべてが円滑に行える回遊動線が確保され、眼前の清流や秩父山系に連なる山々の風景が得られ、そして自然溢れる周辺環境の四季が満喫できる快適な生活の場が生み出された。

長大なガラス壁が特徴のこの家では、各機能エリアに出入口扉がなく、天井も小屋組露出のため、「一つ屋根の下」での十二分な光と気配が享受できる。また建物外壁に開閉機能がないため、2階床のはねだし部分に水平ルーバー状の開閉機構を設置し、温度差を利用した換気システムにより心地よい温熱環境を創り出している。
上:8本の鉄骨柱が並ぶ1階ピロティ、居住部分の2階はねだし床の端部に張り巡らされたガラス壁、ガルバリウム鋼板平葺きの垂木構造による大きな切妻屋根。鉄+ガラス+木のハイブリッド構造が独特の表情を醸し出し、人目を惹く南西側外観。
右上:一級河川都幾川の対岸より見た南東側外観と自然豊かな敷地周囲の環境。切妻屋根の棟部分と南東面に長さ約13mのトップライトとソーラーパネルが載る。
右中:東西方向約15.5mのシンプルな横長建物形態が、ガラス壁越しの室内の明かりによってくっきりと浮かび上がる南側外観夜景。
右下:縁側風の回遊路でもある2階北西角の廊下より南側を見る。ガラス壁により内外の一体感が強い。ガラス越しに前面道路と大きな胡桃の枝葉が見える。左はシャワーブース。