Javascript is disabled.


横浜市西区の住宅密集地に建つ混構造3層の住宅兼事務所。敷地は素晴らしい眺めが得られる高台の傾斜地で、建物は地下1階が事務所スペース、1階がLDK、収納等、2階が寝室、浴室・洗面・トイレという構成。

施主でもある設計者は守るべき自然の姿と活気ある人間の営みを意識しながら生活できる空間を望み、建物をRC造の職空間とS造の住空間という2つの異種構造の筒(チューブ)が平面・断面的にずれ重なる形態とした。重なる部分はリビング兼接客スペースとして機能上共有させると同時に、骨格となる筒形状をフレームとした面積25m2の大きなガラス開口部(8+10+8ミリのペアガラス使用)を設け、南方の緑濃き自然が室内からより美しく見えるよう工夫した。

この家を最も特徴づけるLDK南側の大ガラス開口部の他に、地階への階段室南側と東側にもガラス開口部があり、結果として建物自体が風景に馴染むと共に、風景が楽しめかつ自然の恵みを感じ、そして社会の様相が窺える住まいが創り出された。また、将来は地下階に親世帯が入り、1階を共有する二世帯住宅への機能転換が想定されているため、間取りや設備を含めリノベーション向けの意匠・設備計画も施されている。
上:地下1階・1階のRC造と1階・2階のS造で構成された2つの筒状形態が斜面に沿う緑地からひょっこり顔を出したような雰囲気を漂わせる東側外観。地形との一体感を強く打ち出したその佇まいは周囲の建物と一味違うユニークな表情を見せ印象深い。
右上:H鋼を用いたS造のすっきりとした大きなガラス開口部が突出した南側外観。開口部を形成する筒状の庇と袖壁は季節や時間を考慮した日射制御の役目を果たす。
右中:磁器質タイル貼り土間を介して右奥の住空間と左の階段を経た地階の職空間とを程よく分離する役割を担う玄関部分。正面は階段吹抜けのガラス開口部で、ブラインドが下ろされる夕刻には行燈のような効果を発揮し、温かみのある柔らかい光が室内を包む。
右下:異種構造・異種空間という2つの筒が重なり合う建物形態を示す断面模式図。
 

ページTOPへ