Javascript is disabled.

トップへ戻る

平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業
(断熱リノベ)について

5.スケジュール

スケジュールについて

※以下の情報は断熱リノベHP(https://sii.or.jp/moe_material30/)から転載しています。
※以下は現状のスケジュールです。変動の可能性がございますので、ご注意ください。
※今後のスケジュールは決まり次第お知らせいたします。

SII

1. 公募情報公表

4月13日

SII

1-2. 公募説明会

4月19日 東京
4月24日 仙台・名古屋

4月23日 札幌・金沢
4月26日 福岡

4月27日 大阪・広島

申請者

2. 「交付申請書」及び添付書類の提出

・戸建・集合住宅(個別)の公募期間

一次公募:平成30年5月7日(月)~平成30年6月29日(金)17時必着
二次公募:平成30年7月17日(火)~平成30年6月29日(金)17時必着(予定)

・集合住宅(全体)の公募期間

一次公募:平成30年5月7日(月)~平成30年6月4日(月)17時必着

1)申請について

1物件1申請とする。申請者は提出に必要な書類を作成し、1部正本をSII指定の提出先に送付すること
(控えを取っておくこと)

※申請あたり100戸以上の集合住宅(全体)の補助事業の場合、設計又は工事を行う事業者がSIIに登録された
断熱リノベ事業者であること。

注)申請書類に不備・不足があった場合は原則、申請受理されないので注意すること。

●必要提出書類の一覧(○:提出必須 △:該当者のみ提出)

必要申請書類の詳細はこちら

2)手続代行者について

申請者は申請について第三者に依頼することができる。申請の手続きを代行するもの(以下「手続代行者」という。)は、申請者の了解の下で依頼された内容について、間違いや不備等のないよう注意して申請を行うこと。
手続代行者による申請の場合、申請書類に関する SII からの問い合わせや訂正依頼に対応できることを要件とする。
手続代行者は、本事業の趣旨を踏まえ、適切な申請を心がけること。
また、手続代行者は事業の進捗管理を行い、予定通り事業が完了するように努めること。 適宜、SIIからその状況報告を求めることがある。

なお、「交付決定通知書」や、「交付額確定通知書」等の正式な通知書面等は申請者に送付する。

SII

3.交付申請書受理 / 4.審査・選考

申請期間内に到着した申請分において、要件の不適合、書類の不備・不足等がある場合は原則、
申請を受理しないので注意すること。

SII

5.「交付決定通知書」発行

SII は交付申請書を受付後、その内容が適切であると認められる者に対し交付決定を行い、交付決定通知書にて申請者に通知する。
なお、交付決定通知書は補助金額を決定するものではないので注意すること。
交付決定後に、交付申請内容が本事業の補助要件を満たさないことが発覚した等の場合は、審査の結果にかかわらず交付決定の修正又は取り消しの措置を講じることがある。

(注1) 国の他の補助事業等と本事業に重複して補助対象が申請されている場合は、他の事業での申請を取り下げることを条件に交付決定する。

(注2) 交付の決定について、個別の問い合わせには応じられないので注意すること。

申請者

6.事業開始(契約・着工)

①事業の開始について

交付決定の通知を受けた後、速やかに改修しようとする補助対象工事の契約及び
工事の着手をすること。 ただし、申請者は特に以下の点に注意すること。

  • 交付決定通知書と一緒に送付される事務取扱説明書を熟読し、十分理解した上で事業開始すること。また、交付決定通知書に記載される交付決定通知日以降に契約・工事着工すること。
  • 交付決定通知日より前に着工をしていないことを証明するため、交付決定通知書に記載される「交付決定番号」を記載したボード(工事看板)を写し込んだ写真を撮影すること。ただし、工事用黒板アプリは使用しないこと。

②補助事業の計画変更について

申請内容の変更は原則認められない。やむを得ない理由により、補助事業の実施中に事業内容に変更の可能性が生じた場合は、予めSIIに相談しSIIの指示に従うこと。

なお、CO2排出抑制評価点が低くなる変更は原則として認められません。

申請者

7.事業完了(工事・支払い完了)

  • 事業完了日は、補助事業に係る一連の工事が完了した日もしくは補助対象工事を含む
    一連の工事の支払いが完了した日(入金受領日)のいずれか遅い日とする。

    例) 工事完了:12/4 支払い完了:12/5 の場合、事業完了日は12/5
       工事完了:12/4 支払い完了:11/29 の場合、事業完了日は12/4
  • 補助事業に係る一連の工事の支払いは、原則現金払い(金融機関による振込)とすること。 手形払い等、不渡り、減額等が発生する可能性のある支払い方法は不可とする。
申請者

8.「完了実績報告書」及び添付書類作成・提出

補助事業者は、工事が完了したら、完了実績報告書及び、必要書類※1を募集次区分、
住宅区分ごとに以下の提出期限内に必ず提出すること。

<提出期限>
事業完了日から起算して30日以内又は以下のいずれか早い日の17:00必着

・戸建住宅・集合住宅(個別)
一次公募:平成30年12月14日(金)
二次公募:平成31年1月15日(火)予定

・集合住宅(全体)
一次公募:平成31年1月15日(火)
※1 別途、交付決定通知書に同封される事務取扱説明書を参照のこと

SII

9.審査、現地調査等

  • SIIは、完了実績報告書の提出を受け、申請内容に係る工事・費用等の審査を行い、且つ必要に応じて現地調査を行う。
  • 現地調査は、補助事業が事業の目的に適して公正に実施されているかを判断する調査であり、補助金の額を確定するためのものである。
  • 補助事業者はやむを得ない場合を除き、立ち会うこと。拒否した場合は、交付決定の取り消しとなり、補助金の支払いがされない場合があるので注意すること。手続代行者又は共同申請者がいる場合、手続代行者及び共同申請者も、原則立ち会うこと。
  • 現地調査で適正な事業の実施・遂行が認められない場合は、交付決定の取り消しとなり、補助金の支払いがされない場合があるので注意すること。
SII申請者

10.「交付額確定通知書」発行 / 11.受領

SIIは、上記審査等にて内容が適正であると認めたとき、交付すべき
補助金の額を確定し、申請者に対し、交付額確定通知書にて補助金額の確定を通知する。

SII申請者

12.精算払請求書、提出/ 13.受領

補助事業者は、補助額の確定後、「精算払請求書」を提出すること。

SII申請者

14. 補助金支払い/ 15.入金

SIIは、確定通知書にて補助金額を通知した後、補助金を支払う。
なお、振込先口座がネットバンキングの場合は、SIIが別途指定する書類※1を提出すること。
※1 別途、交付決定通知書と一緒に送付される事務取扱説明書を参照のこと。

助成制度に関するお問い合わせ

  • 助成制度に関するお問い合わせ
  • 補助金の申請代行サポートはこちら
  • リフォーム支援制度検索

補助金・助成金情報新着一覧

2018.06.19NEW戸建・集合住宅
平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業断熱リノベ)を更新しました。
2017.09.09NEW戸建・集合住宅
東京都 既存住宅における高断熱窓導入促進事業を更新しました。
2017.06.14NEWビル・施設など
ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業を更新しました。
2017.06.14NEW戸建・集合住宅
平成29年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業断熱リノベ)を更新しました。
2017.05.16NEW戸建・集合住宅
賃貸住宅における省CO2促進モデル事業を更新しました。
2017.05.16NEWビル・施設など
既存建築物省エネ化推進事業を更新しました。
2017.05.16NEWビル・施設など
ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業を更新しました。
2017.05.02NEW戸建・集合住宅
平成29年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業断熱リノベ)を更新しました。
2017.04.22NEW戸建・集合住宅
平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業を公開しました。
2017.04.20NEW戸建・集合住宅
平成29年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業断熱リノベ)を公開しました。
2017.04.01NEW
「補助金・助成金でおトクに窓リフォーム」を公開しました。
住宅 助成制度の詳細へ 非住宅 助成制度の詳細へ