防犯・セキュリティ(5分で侵入できない窓は、防犯効果が高いワケ)

  • 窓は空き巣の侵入口
  • 防犯ガラスのメカニズム
  • 防犯ガラスの強度ランク
  • 狙われやすい家とは

空き巣の侵入を防ぐのに効果的な方法は?

半数以上の空き巣が、窓のガラスを破って侵入。

空き巣の侵入手段(一戸建て住宅)

みなさんも一度は住まいの防犯について考えたことがありませんか。
どの家庭も空き巣などに侵入される危険性をもっています。
防犯の基本といえば、まずは施錠ですが、意外にもピッキングでの侵入は全体の0.4%。
実は、一戸建て住宅などの場合、窓ガラスを破壊するケースがもっとも多く、63.3%と圧倒的な割合を占めています。
施錠をしっかりしても、ガラス自体を破壊して侵入されるのでは、施錠するなどの防犯対策もうまく発揮できません。
窓ガラスからの侵入を防ぐには、ガラスを破る手口とその対策を知ることが重要です。


5分以内に侵入できない窓は、防犯に効果的!?

侵入をあきらめる時間

ガラス破りの典型的なものには、ドライバーなどで音を出さないように静かにガラスをこじ開ける「こじ破り」と、大きな音を気にせず乱暴に穴を開けて侵入する「打ち破り」といわれる方法がありますが、どちらにしても共通するキーワードは、時間。
空き巣は人の目を恐れるため、「侵入に時間がかかる」ことを嫌います。右記のように5分以内に侵入できない場合は約7割があきらめる、というデータもあるほど。
つまり、窓の防犯ポイントは「侵入時に時間を稼ぐ」ことなのです。




【関連商品】防犯・セキュリティ
  • 住宅・マンション・ビル向けのガラス
  • 学校向けのガラス
  • リフォーム向けのガラス

お近くの取扱店へお気軽にお問い合わせください。

リフォーム向け新規住宅物件向け


窓リフォーム店サービスのご紹介


ページTOPへ