防火(ガラスで炎の侵入・侵出を20分以上防げるワケ)

  • 窓は延焼の弱点
  • 炎の侵入を防ぐメカニズム
  • 数字で見る窓ガラスのチカラ

防火ガラスは、どうやって炎の侵入・侵出を抑えるの?

炎の熱に強い・破損しても脱落しにくいから、炎の延焼拡大に時間を稼ぐ。

一般ガラスは、不燃材料からできていますが、火災の熱で割れて脱落してしまいます。
それに対し、防火ガラスは一定時間、炎の侵入・侵出しにくい構造になっています。
防火ガラスには、板ガラスの中に金網を封入した「網入板ガラス」と火災の熱に強い「網なし耐熱強化ガラス」の2種類があります。


一般ガラス
一般ガラス

一般ガラスだと、炎の熱でガラスが割れてしまい、抜け落ちてしまいます。
ここから炎が侵出・侵入してしまいます。



防火ガラス
網入板ガラス - 金網でガラス破片の脱落防止
網入板ガラス

網入板ガラスは、火炎で破損した場合でも、中に封入されている網により破片を支えます。
崩れ落ちたり、穴が開いたりするのを防ぎ、火炎や火の粉が侵入を遮断し、開口部からの延焼・類焼を防ぐ効果があります。
(商品名:ヒシワイヤ、クロスワイヤ)



網なし耐熱強化ガラス - 火災の衝撃熱に対し破損防止
網なし耐熱強化ガラス

火の熱に強い網なし耐熱強化ガラスなら、火災時に破損しにくく、火災の侵入・侵出を抑えます。
網が無いので錆びによる破損がなく、視界もクリアです。
また、強化ガラスと同等の高い強度を持ち割れにくく、万が一割れても、小さな粒状の破片になるため、脱落など二次災害を最小限に防ぎます。(商品名:マイボーカ)



【関連商品】防火
  • 住宅・マンション・ビル向けのガラス

お近くの取扱店へお気軽にお問い合わせください。

リフォーム向け新規住宅物件向け


窓リフォーム店サービスのご紹介


ページTOPへ