老朽化が進む都市部のオフィスビル

大規模改修なしでテナントの移転を食い止めた方法とは
ディベロッパー B社
背景
大都市圏を中心とした再開発により、オフィス供給が増える昨今、築年数の古いビルが安定的に収益力を確保するためには、物件の価値を高め、優良なテナントを誘致できるかが重要となってきています。
課題
老朽化が進むオフィスビルは次の方針を決める時期に
大都市圏を中心に事業を展開するディベロッパーB社。都市部にあるオフィスビルの1棟は、竣工20年以上経過し、維持管理コストが増加しているため、建替えやリノベーションなど次の方針を決める時期を迎えていました。責任者のG氏は、建替えやリノベーションの必要性は理解しているものの、具体的に検討すると工事期間の長さや、膨大なコスト等課題があり、未だ方針を決めきれていません。また、駅前では再開発計画が進んでおり、新しいオフィスビルにテナントが移り、空室が増えることが懸念されました。


資産価値向上と空室率の増加防止には建替えが必要・・・
一方でテナントからは、結露に関するクレームが数多く聞かれ始めました。G氏は、以前から計画していた耐震補強のタイミングで、テナントからのクレームの根源を絶つことで、資産価値の向上と空室率の増加防止を実現したいと考え始めました。ただ、全ての要件をクリアしようとすると建替えをする必要がありますが、できる限り大規模な改修は実施したくありません。G氏は最適な方法を模索してみるものの、なかなか見つかりませんでした。


課題のポイント
・ 所有するオフィスビルの老朽化が進み、資産価値が目減りしている
・ 今後、新しいビルへの移転が増え、空室率が低下することが予想される