遮熱フィルムよりも長く効果を維持したい

夏の暑さにも冬の寒さにも効果が得られた解決策とは?
製造業 M社
背景
M社では以前、熱対策として一部の窓に遮熱フィルムを貼った。そのフィルムは、10年は持つといわれていたが、実際には5年目から冬場の結露で浮いて波打ち、劣化が目立つようになってしまった。
課題
遮熱フィルムが見栄えが悪く、効果も感じられなくなった…
M社の役員室は景観が素晴らしい反面、夏場、非常に高温になるという難点がありました。そのため、エアコンの設定温度を極端に下げても室内が冷えず、居心地が悪くて来訪者を通せる状態ではない上に、役員本人も部屋に居たがらないという状態でした。熱対策として窓に貼った遮熱フィルムも、一時は効果を発揮したものの、5年で劣化し変色や波打ちが見られるようになりました。見栄えが悪いだけでなく、遮熱効果が感じられなくなっていました。
総務部のB氏は、遮熱フィルムの貼り替えについて検討を始めました。


夏の暑さにも冬の寒さにも効果を発揮する対策が必要
定期的にフィルム貼り替えが必要になるようではトータル的に不経済だと考えたB氏は、改善策を求めて情報収集に注力しました。そこに、役員からさらに要望が入ります。それは、遮熱フィルムは冬の寒さに対して全く効果がなかったため「次は冬にも効果が実感できるものがよい」というものでした。
「求められているのは、夏・冬ともに効果が得られ、かつ長期間維持できる対策でした。しかし、10年間持つと考えられていた遮熱フィルムに早期劣化が見られたことを考えると、集めた情報もどこまで信用していいか分かりませんでした」(B氏)


課題のポイント
・ 遮熱フィルムは劣化が早く不経済
・ 夏・冬とも効果が感じられる対策が必要