強い日差しのせいで一番見晴らしのよい席が使えない

空調を1機止めても快適に保てるようにした手段
飲食店 I店
背景
美しい夜景が評判のI店。ディナータイムの営業では、見晴らしのよい窓辺の席は早々に予約で埋まっていた。
課題
強い日差しが差し込むため、見晴らしのよい特等席がランチタイムで使えない
I店は、窓辺の景観の良い席を、日中、強い日差しが差し込むため使えないという問題を抱えていました。昼間は席数を減らして運営せざるを得ず非効率で、マネージャのK氏も改善できるものならしたいと常々考えていました。
「お客様からは、窓辺の席に座りたい、よい席が空いているのにどうして通さないのか、というご意見をたびたびいただきました。都度、事情は説明するのですが不満に思われる方も多く…」(マネージャK氏) ブラインドをつければ日差しを遮ることはできますが、それではスカイビューの利点が生かせません。景観を損なわない対策があれば…と何度となく考え、情報収集を続けていますが解決方法はなかなか見つかりませんでした。


課題のポイント
・見晴らしのよい窓辺の席が、昼間は強い日差しのせいで使えない