全面ガラス張りの窓辺が西日で暑くなり、冷房も効かない

快適性を確保し、内装の色褪せも低減できた理由
カーディーラー C社
背景
カーディーラーC社は、人通りの多い道路に面した、店舗西側の一面がガラス張りになっている。
課題
見栄えにこだわった窓辺のスペースが、西日で空調が効かず台無し
カーディーラーC社では、夏場の午後は西日が差し込むため、非常に暑くなります。複数台設置しているエアコンをすべて、風量を最強にセットし、設定温度を下限まで下げても十分に冷えないという状態でした。窓辺には、清潔感や高級感のあるインテリアにこだわった商談スペースやキッズスペースを設けていましたが、人が落ち着いて過ごせる環境ではなく、快適性を確保する必要がありました。


ロールスクリーンでは路面店の利点を生かせず、遮熱フィルムは継ぎ目が不格好
店長のY氏は、対策としてまずロールスクリーンを設置。しかし、店内に展示している車が外からは全く見えなくなり、路面店の利点が生かせず、集客は大きく低下しました。来店客からも「外から見ても営業しているのかどうか分からず、入店をためらった」と言われ、使わなくなってしまいました。次いで、候補に挙がったのは、遮熱フィルムでした。
「紫外線による、窓辺の内装の色褪せが気になり始めていたので、UVカット効果があるものにすれば丁度よいと考えたのです。しかし、継ぎ目が出てしまい見栄えが悪いため不適切と判断せざるを得ませんでした」(Y氏)
ロールスクリーンでも遮熱フィルムでも解決できず、Y氏は新たな解決手段を探しますが、なかなか見つけることができませんでした。


課題のポイント
・全面ガラス張りの西側から日差しが差し込み、室内が非常に暑くなり空調も効かない
・ロールスクリーンでは、外から店内が見えなくなり、集客に影響する
・遮熱フィルムは継ぎ目ができてしまい見栄えが悪い
・窓辺の内装について、紫外線による色褪せが気になる