結露で衛生環境を維持できない

食中毒回避のため飲食店が選んだ解決策
飲食店 T店
背景
回転寿司チェーンT店の国道沿いのある店舗は、敷地内に広い駐車場を設けている。同じ国道沿いに、ほかの回転寿司屋やファミレスが並んでおり、リピータ獲得のため、顧客満足度の向上を常に意識していた。
課題
結露で窓枠の回りにたびたびカビが発生し、清掃が追いつかない
その店舗では客席側の3方に大きな窓を設けていました。冬場はその窓にひどい結露が発生し、窓の回りは常に水滴が滴るほどになります。窓枠の回りには水が滴った痕が残り、カビも発生。見た目が悪く、不衛生な印象を与えることから本社の統括責任者A氏は、これでは客が離れてしまうと危機感を持ちました。店舗の従業員には厳しく注意し清掃を徹底するように指導しましたが、清掃してもすぐに清掃前と同じ状態に戻ってしまうと店舗側からも不満の声が。もはや清掃だけで解決できる状態ではなかったのです。


放置すれば細菌の温床となり食中毒などを引き起こす可能性も
抜本的な改善が必要だと感じたA氏は、本社に報告し、具体的な解決策の検討を始めました。ところが、手がかりすら見つからないうちに、問題はさらに大きく発展してしまいました。
「店舗が保健所の衛生検査を受けた際に、結露で浮いた壁紙やカビについて、放置すれば細菌の温床となり食中毒などを引き起こす恐れがあると指摘を受けたのです。O157感染による死亡事故を引き起こし廃業した飲食店がいくつも出ており、すぐに改善が必要でした」(A氏)
食品の乾燥を避けるため、店舗内の湿度は下げるなどの対策は取れません。適度な湿度を保ちながら、結露を根絶する手段をみつけるほかありませんでした。



課題のポイント
・結露がひどく、窓枠回りの汚れやカビが目立ち、掃除も追いつかない
・細菌が繁殖し食中毒を引き起こす可能性がある