頻繁に発生するひどい結露。このままでは病室にカビ発生の恐れが・・・ZEB・結露問題・工期の問題を一気に解決した秘策とは!
J病院
背景
J病院では、老朽化した空調・換気・照明設備を大規模に刷新し、ZEB※(ゼロ・エネルギー・ビル)化を見据えた改修を検討している
課題
ひどい結露が原因で、カビ発生の恐れが。このままでは不安が広がって・・・
J病院では、ZEB化を進めると同時に窓の結露問題を解決する必要がありました。病室には入院患者が外の景色を楽しめるように、大きい窓を設置しているのですが、その窓にひどい結露が頻繁に発生していたのです。窓枠から滴った水滴が原因で、いつカビが生えてもおかしくない状況でした。衛生管理を徹底しなければいけない病院で、カビが発生してしまうのは入院患者やその親族に不安を与えてしまうと、危機感を募らせていました。


改修工事を進めたいが、一時的な病院の閉鎖などリスクが多く、なかなか踏み切れない・・・
J病院では、結露の対策が急務と考え、プロジェクトを発足して対策にあたることにしました。リーダーのA氏は、当時の様子を次のように語りました。
「当院は歴史が古いため、空気の循環があまりよくありませんでした。そのため空調・換気周りは、特に注意を払い、今までいろいろ対策を施しましたが、使用している除菌剤は紫外線に弱いということで、効果に不安を感じていました」
しかし、これだけの改修工事を行うことになると、一時的に病院を閉鎖し、医療行為を中止したり、入院患者を移動するなど大掛かりになってしまい、万が一のリスクを考えると、なかなか踏み切れませんでした。
A氏はなにか良い方法がないかと、今まで以上に広範囲に情報を集めることにしました。



課題のポイント
・結露がひどく、このままではカビ発生の恐れがあり、患者やその親族に不安を与えかねない
・使用している除菌剤は紫外線に弱いということで、効果に不安を感じている
・病院を一時的に閉鎖することを考えると、改修工事になかなか踏み切れない

※ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、建築計画の工夫や、日射遮蔽・自然エネルギーの利用、高断熱化、高効率化による大幅な省エネルギーを実現した上で、 太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費するエネルギー量が大幅に削減されている最先端の建築物のことである。近年、エネルギー資源保護・地球温暖化防止の観点から、ZEBの実現が急務であることが世界的に認識されてきており、特に日本では、東日本大震災以後、エネルギーセキュリティの観点から、建築・都市のエネルギー自給(自立)の必要性が強く認識されてきている。