換気と加湿量の増加で、結露が増えカビが発生。ウィルス増殖リスクも…
サービス業S社
背景
新型ウィルスの感染が全国で広がる中、S社は業務上、在宅ワークが難しい状況であったため事務所内の換気頻度を上げつつ、冬場は加湿対策もかかせなかった。ところが、ここにきて新たな問題が複数見つかった。
課題
推奨されている事務所内の換気を率先したところ、問題が次々と発生して…
一つ目の問題は、換気の回数が増えたことにより、外気の影響で窓際の温度が例年より極端に下がってしまったのです。その寒さから近辺に座っている社員たちが改善策を求めていました。

しかし、二つ目の問題はもっと深刻でした。対応にあたった総務部のF氏はこのときの状況を次のように振り返ります。
「換気の頻度が増えたことで、加湿の量も例年に比べて増やすようにしていました。ところが、特に加湿器の近くにある窓に大量の結露が発生してしまったのです。そのうえ、今までは気にならなかったカビが、今年は複数の窓廻りで発生しました。結露が発生したことで、ウィルス増殖のリスクを心配する声が増え、とても抑え込めない状況でした」

その他にも、定期的な換気による室内温度の低下を補うための暖房や、加湿により消費電力が増加。電気代が使用計画を大きく上回ってしまう事態も起きていたのです。

暖房と加湿、結露によるカビの発生、電気代の上昇など、想定外の問題の多発に具体的な対策案も浮かばず、F氏たち総務部のメンバーはなす術もありませんでした。



課題のポイント
・換気の頻度が増えたため、加湿の量も増やしたところ、加湿器の近くにある窓に大量の結露が発生
・そのうえ、カビが複数の窓廻りで発生。ウィルス増殖のリスクを心配する声もあがった
・暖房や加湿により消費電力が増加。電気代が使用計画を大きく上回ってしまった