夏場、月曜の朝は熱気がこもり、エアコンが効かない!働き方改革・省エネ化推進につながった解決策とは?
解決
解決のポイント
・大規模工事なしで窓ガラスを複層ガラス化し、室内の温度上昇を防止。夏場の月曜の朝も快適に過ごせる環境に
・年間空調エネルギーコスト削減のメリットが得られた
・働き方改革や省エネ化の事例を営業活動に生かすことで、空室率を改善できた
窓を複層ガラス化し、夏・冬とも室内の快適性を改善
U氏は、情報を求めてAGC旭硝子のセミナーに参加しました。そこで、大規模工事なしで窓を複層ガラス化でき、遮熱フィルムより確かな効果が得られる「アトッチ」を知ります。
「求めていた解決策はこれだという手応えを感じました。AGC旭硝子の担当者に相談したところ、現地調査を実施してくれ、効果を試算してくれました。その結果、夏冬とも効果が得られ、年間空調エネルギーコストも削減できることが分かりました。テナントへのメリットとしてアピールできると確信し、導入を決めました」(U氏)
働き方改革や省エネ化の事例を営業活動に生かし、空室率を改善
導入後は夏場、土日に空調を止めても室温が上がらなくなり、月曜の朝でも涼しく過ごせるオフィスに改善されました。テナント企業にも、働き方改革を進めることができると喜んでもらうことができたのです。
その後、Y社では働き方改革の取り組みや年間空調エネルギーコストの削減の事例を営業活動に生かし、空室率を改善することができました。さらに、所有しているほかのビルにも、入居率改善や入居期間の長期化のてこ入れのため採用することを検討しています。