設計・施工上のご注意

■ 設計・施工上の注意

  • クリアサイトⅡは低反射膜を両面コーティングしたガラスのため、低反射膜面に指紋、埃、汚れなどが付着した箇所がある場合、その部分の低反射効果が落ち、フロート板ガラスに比べて目立ちやすくなります。
  • クリアサイトⅡは映り込みを抑えた「見えにくいガラス」ですので、人がクリアサイトⅡにぶつかる恐れがあります。必要に応じて、衝突防止措置を施してご使用ください。
  • 太陽光の反射防止、眩しさ防止にはなりません。太陽光や強い照明は反射して眩しく見えます。
  • 照明などの光源や白いもの(壁、机など)は反射して見えますので、照明の位置や内装色などと併せて設計をお願いします。
  • クリアサイトⅡは正面から見たときに最大限に低反射効果を発揮します。斜めから見た場合は、可視光反射率は相対的に大きくなりますがフロート板ガラスを斜めから見た場合よりは低反射性能があります。
  • クリアサイトⅡに飛散防止フィルムを貼った場合、低反射効果が損なわれます。飛散防止性能が必要な場合は、合わせガラス仕様をお使いください。
  • 表面に水や結露が付着した場合、一時的に低反射効果がなくなりますのでご注意ください。
  • 温泉や温水プール等の常に水滴が付着する箇所では、長期的に膜面に悪影響を及ぼす可能性がありますので、ご使用をお避けください。
  • クリアサイトⅡを在庫・輸送する際は水ぬれを起こさないようにしてください。
  • 施工時にキズがつかないように、クリアサイトⅡの膜面を保護してください。
  • 施工現場でクリアサイトのはめ込み後、吹きつけ剤等の薬剤や汚れが付く恐れのある場合は、粘着の弱い保護フィルムなどで養生してください。
  • シーリング材が膜面に付着した場合はすぐに柔らかい布等で拭きとってください。
  • クリアサイトⅡ合わせガラス仕様の設計・施工上の注意は、通常の合わせガラスに準じてください。
  • ガラスの一般的な注意事項は、「AGC板ガラス建材総合カタログ」をご覧ください。

■ 使用上のご注意

  • 低反射膜は実用上十分な性能があり、膜の変質等が生じにくくなっていますが、長期間その機能を保つためによく清掃し汚れを除去してください。
  • クリアサイトⅡに汚れが付着した場合、通常はスポンジや布を使って水で洗うだけで十分ですが、洗剤をご使用する際には、柔らかい布に研磨剤を含まない中性洗剤などを含ませ、軽く拭いてください。
  • 表面は布などで拭いても傷つきませんが、固いものでこするとキズになります。
  • 研磨剤を含んだ洗剤や酸、アルカリ度の強い洗剤のご使用は、膜面のキズや劣化を起こす可能性がありますのでご使用をお避けください。
  • 撥水性の成分が入った洗剤のご使用はお避けください。
  • スクイージーを使用する場合、金具がガラス面に当たるような使い方をしますと、低反射膜にキズがつきますのでご注意ください。また、クリアサイトⅡと清掃用具の間に砂塵や微細な固形物が挟まれるとキズがつきますので、これらを除去してから清掃してください。
  • 外壁材のクリーニング時には、クリーニング剤が付着しないようにご注意ください。
  • ステッカー等は、剥がす際に低反射膜を傷つける可能性がありますので、貼らないでください。
  • 低反射膜は、キズがつくと補修できません。
  • 詳しいお手入れ方法に関しては、「[低反射ガラス]クリアサイト®Ⅱ <メンテナンスマニュアル>」をご覧ください。

■ おことわり

  • 光の干渉を利用して反射を抑えていますので、反射には色調が現れます。色調及び反射率は、見る角度や部屋の明るさによって異なり、眩しく感じる場合や実際の色と異なる場合がありますので、ご了承ください。特に、蛍光灯や白いものが反射する場合や、屋外が真っ暗で室内が非常に明るい場合に顕著になります。
  • クリアサイトⅡは、可視光透過率が非常に高いですが、透過色は完全な無色ではありません。
  • 本カタログ内に掲載しているデータは、実測値またはそれに基づく計算値を代表的な数値として示したものです。本数値は各種商品の性能を保証するものではなく、また予告なく変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。

ページトップへ