Javascript is disabled.


防災安全性

防災安全性Safety

台風や地震などの自然災害による飛来物や衝突物から家族・家財の安全を守る

飛来物に対する安全性/
地震時の安全性

台風などによる飛来物や高層建築物からの落下物が窓ガラスに当たり、
ガラスが破損する被害が数多く報告されています。
また、いつ起こるか分からない地震で家具などが倒れ、ガラスが破損する可能性もあります。
災害時の対策として、ガラスが割れないことが最も安全ですが、ガラスの割れを完全に防ぐことは難しいため、
以下2点を考慮して、ガラスを選定することが重要となります。

飛来物
屋根瓦、スレート屋根、植木鉢、
看板、折れた樹木、など
落下物
タンス、本棚、観葉植物、ライトスタンド、など

窓ガラスの防災安全ポイント

耐貫通性
飛来物・衝突物が貫通しにくい。
割れによる孔を開きにくくする。
ガラス飛散防止性
割れた場合に飛散・脱落しにくい。
あるいは飛散・脱落による被害を少なくする。

ラミセーフシェルター
防災安全面での特長

    

強靭な特殊フィルムを加熱圧着した「防災安全合わせガラス」だからこそ実現できる窓の防災安全。

窓ガラスの防災手段
窓ガラスの防災手段
窓ガラスの防災手段

シャッターのみの窓の防災対策では、閉め忘れによる窓ガラスの被害や、閉めていても飛来物によってシャッターが変形し、窓ガラスが破損する可能性があります。
シャッターを採用される場合は、防災安全合わせガラスを併せて採用することで、より高い防災安全性を発揮することができます。

ラミセーフシェルター / サンバランスシェルターは、いつ起こるかわからない災害に、”常時バリア機能”を発揮する窓の防災対策商品です。 すっきりした外観デザインで、シャッターのみでは対応しきれないリスクを低減してくれます。

ガラスの品種比較

割れ方の違い

合わせガラス
合わせガラス
破片が飛散しにくく、耐貫通性に優れる。

2枚のガラスで特殊なフィルムをはさんでいるため、
ガラス片の飛散や貫通を抑えます。
中間の特殊フィルムを厚くすることで、
耐貫通性もより大きくなります。

強化ガラス
強化ガラス
同厚フロート板ガラスの約3倍の高強度。

破片は小粒になり、鋭利なものになりません。
フロート板ガラスの約3倍の強度があります。
破損すると粒状のガラス片になり
衝突物は貫通します。
破片は小さく鋭利ではないため、
2次被害を小さくすることができます。

フロート板ガラス
フロート板ガラス
鋭利な破片となる。

一般的に多く使われているガラスです。
強い衝撃では衝突物は貫通し、
鋭利なガラス片が脱落、飛散します。

比較表

ガラス種類 説明 衝突物による
貫通防止
破片の飛散
脱落防止
飛散脱落破片
の安全性
人体衝突時の
安全性
ラミセーフシェルターTM
(防災安全合わせガラス)
特殊フィルム厚60mii以上。 ◎ ◎ ◎ ◎
強化ガラス 同じ厚さのフロート板ガラスと比較すると、
約3倍以上の強度。
割れると破片が粒状になり、
大きなケガを防ぐことができる。
× × ◎ ○
飛散防止フィルム貼り
ガラス
フロート板ガラスに飛散防止フィルムを貼ったもの。
経年劣化により透明性や飛散防止効果が
低下するので定期的に貼り替えが必要。
△ ○ △ △
網入板ガラス フロート板ガラスに金網や金属線をはさみこんだもの。
割れても破片が飛び散りにくく、
火炎の延焼を防ぐ効果がある。
× △ △ ×
板ガラス 一般的な板状ガラスのこと。 × × × ×
◎:高い安全性が得られる ○:効果が期待できる
△:ある程度効果がある  ×:効果が期待できない
参考:板硝子協会「防災安全合わせガラスリーフレット」

検証実験

【検証1】JIS R 3109建築用ガラスの暴風時における飛来物衝突試験方法

台風などに伴って生じる強風に対して,ガラスに孔(開口)などが生じるかどうかについて判定するための試験条件を規定しています。
試験は,飛来物を想定した模擬的な加撃体による衝撃及びそれに続く繰返し圧力差によって,強風における飛来物及び風圧力の代表的な条件を模擬しています。
加撃体レベルC(屋根瓦の破片相当)以上の飛来物の衝突に対する安全性を有するものを優良住宅部品(BL-bs部品)「防災安全合わせガラス」としています。

※本動画は性能を検証する目的での評価試験の一例であり、製品品質を保証するものではありません。

暴風時における飛来物衝突試験イメージ図と衝突速度表

【検証2】屋根瓦

台風などによって飛来、または落下する屋根瓦を想定し、ラミセーフシェルター/サンバランスシェルターの防災安全面での有効性を検証しました。
検証を行ったガラスは、フロート板ガラス、飛散防止フィルム貼りガラス、強化ガラス、ラミセーフシェルター、一般的な複層ガラス、サンバランスシェルター(ラミセーフシェルターを使った複層ガラス)で、飛来物衝撃の際の各種ガラスの違いを比較しています。

※本動画は性能を検証する目的での評価試験の一例であり、製品品質を保証するものではありません。

項目 数値(単位)
風速 20 (m/sec)
屋根瓦 重量 2.8 (kg)
屋根瓦 枚数 3 (枚)
屋根瓦 総重量 8.4 (kg)
振り子半径 (L1) 2.65 (m)
地面~衝撃点の高さ (h1) 1.2 (m)
衝撃点~吊上げの高さ (h2) 1.6 (m)
最下点速度(衝撃速度) 5.6 (m/sec)

試験情報

  • ・JIS R 3205準拠(ショットバッグ試験枠)
  • ・ガラス寸法:W864×H1930
  • ・ガラス構成
    一般的なガラス:FL3+A12+FL3
    ラミセーフシェルターTM:FL3+60mil+FL3
屋根瓦を想定した試験イメージ図
優良住宅部品(BL-bs部品)「防災安全合わせガラス」とは