ガラスシステム・ユニット

孔なし点支持ガラスファサードシステム

メタルポイント®

ガラスエッジの表裏を緩衝材を介して金物で挟み込んでガラスを固定した、透明美と構造美を両立させたフレームレスのガラスファサードシステムです。
デザイン効果
ガラス工法
ガラスシステム

メトロハット 設計/森ビル、三菱地所設計 特徴/クロスジョイントタイプ

●フレームレス
ガラス周囲にサッシフレームがないため、よりフラットで、ガラスの透明感を最大限に引き出したファサードを創り上げます。

●〈メタルポイント〉の特徴
ガラスに孔加工が不要なため、設計条件によってはフロート板ガラスの使用が可能となります。

●オリジナルなデザインの実現
ガラス、支持金物、支持構造体を様々な品種の中から、設計者のニーズに合わせてお選びいただきます。

バリエーション

ラインナップ

品 種 ガラス構成
単板 FL、HS、PT+飛散防止フィルム
合わせ FL+FL、PT+PT、HS+HS
ペア FL+A12+FL
FL(Low-E)+A12+FL
HS+A12+HS
HS(Low-E)+A12+HS

注1)表中のガラス品種記号
FL:フロート板ガラス PT:強化ガラス
HS:倍強度ガラス
注2)設計条件やタイプによってはフロート板ガラスの使用が可能です。
注3)ガラス構成・板厚は、設計条件に合わせて算出します。

施工例

物件名
東京女子医科大学
所在地
東京都新宿区
設計
現代建築研究所
特徴
クロスジョイントタイプ ペア 鉄骨トラス

物件名
国際研究交流大学村東京国際交流館
所在地
東京都江東区
設計
石本・教育施設・佐藤設計共同企業体
特徴
クロスジョイントタイプ 鉄骨トラス

物件名
北会津村役場庁舎
所在地
福島県
設計
古市徹雄・都市建築研究所
特徴
クロスジョイントタイプ ペアガラス テンショントラス

物件名
築地松竹ビル(ADK松竹スクエア)
所在地
東京都中央区
設計
三菱地所設計
特徴
特殊メタルポイント 水平ガラスリブ

物件名
和泉シティプラザ
所在地
大阪府
設計
佐藤総合計画
特徴
グラサードタイプ 鉄骨躯体

物件名
グラスバード
所在地
京都府
設計
高松伸建築設計事務所
施工
ツバサ工務店

物件名
コラッセふくしま
所在地
福島県
設計
梓設計
施工
鹿島建設JV
特徴
クロスジョイントタイプ テンショントラス、Low-Eペア

見積り例

参考価格

支持構造体

支持構造体には、ガラス、テンション材、スチールのそれぞれに対して、様々なバリエーションを品揃えしています。

シーリング材

ガラス小ロとシーリング材との接着性能試験および耐久性試験をシーリング材メーカーと共同で実施して標準仕様を決めています。
ガラス目地およびガラス・サッシ間は、低モジュラスのシーリング材を使用しています。

各種性能

項 目 性能値
耐 震 層間変形角1/150
耐風圧 ±2256N/㎡( ±230kgf/㎡)

注) 本表は、ガラス寸法2000×2000×12ミリ時の値です。

タイプ

img_13_2_1img_13_2_2

紫外線カット率

設計・施工上のご注意、使用上のご注意

それぞれのブランドの商品仕様、付帯サービスなどの内容を十分ご確認の上、商品を選定してください。お引渡後の変更はできません。
AGCでは曲げ加工を受注しておりません。各商品の曲げ加工につきましてはガラス工事店にご相談ください。

一般名 品種
(商品名)
ご注意 掲載
ページ
フレムレスガラスファサドシステム メタルポイント ■ 設計・施工上のご注意
・耐風圧性能
設計風圧、ガラスサイズ等の設計条件に合わせた強度検討をすることによりガラス厚さ、支持点数を決定します。
・断熱性能
単板または合わせガラスの呼び厚さに応じた熱貫流率より、断熱性能を求めます。関東以北に使用する場合、結露に対する検討が必要になります。断熱性能を高めた複層ガラス仕様も併せてご検討ください。
・防火性能
防火性能はありませんので延焼の恐れのある部分に使用することはできません。
・飛散防止性能
設計条件により強化ガラスを用いますが、強化ガラスといえども割れないガラスではありません。また、強化ガラスは破損すると破片が粒状になり、ガラスが脱落する恐れがあるため、合わせガラスにしたり飛散防止フィルムを貼るなどの脱落防止措置を講じる必要があります。
●強化ガラスに関するご注意
・設計条件によっては、強化ガラスを用いる場合があります。P213の「強化ガラスを安全にお使い頂くために」を必ずお読みください。
■ 使用上のご注意
・ガラスの清掃については、一般のガラスと同様に行ってください。ただし、飛散防止フィルム面はガラス面に比べて傷が付きやすくなりますので十分注意が必要です。また、透明感を維持するためにも、メンテナンス方法については事前にご相談ください。
130