貫通に時間がかかる構造で、防犯対策に効果的。万が一のための、お見舞金制度付きです。

  • 商品の特徴
  • 価格例
商品詳細デジタルカタログ

窓ガラスの割れ方比較

フロート板ガラス(一般ガラス)
衝撃物がガラスを貫通し、破片を飛散させてしまいます。
破損すると鋭利なガラス片が残り、非常に危険です。

セキュレ
ガラスは貫通しにくく、飛散もほとんどありません。
中間の特殊フィルムを厚くすることでより貫通しにくくなります。


簡単工事でひと窓あたり30分~1時間

〈セキュレ〉は、2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟み、加熱・圧着することで、貫通・飛散しにくい防犯ガラスです。 防犯のレベルに合わせて3タイプあり、それぞれ板硝子協会基準のレベルに適合する性能を持っています。 また、万一〈セキュレ〉が破られて盗難の被害が発生した場合や、風災被害で〈セキュレ〉が破壊された場合など、限度額の範囲内でお見舞金をお支払いする盗難・台風お見舞金制度を設けています。


3段階から選べる防犯グレード



他の商品情報

他の商品情報 ペヤプラス ペヤプラス・エア 二重窓(内窓)はまどまど セキュレ 製品特徴比較表

リフォーム内容価格のご相談は、お近くの取扱店へお気軽にお問い合わせください。
窓リフォーム店検索 お問い合わせ
資料請求
窓リフォーム店サービスのご紹介