Javascript is disabled.


窓ガラスにできるエコと快適

窓ガラスをLow-E複層ガラスにすると、学校がエコで快適になります。

学校施設におけるエネルビー消費量の約1/4が冷暖房費です。
また公立小中学校のエアコン設置率も向上しつつあり、
冷房効率と快適性を高める窓ガラスが必要とされています。

1枚ガラスの約1/2の省エネ効果を発揮

イラスト: 冷暖房費の削減効果 ※教室における西面ガラス比較

詳しいガラス製品のコスト比較はこちら

窓側と廊下側の温度差を軽減

イラスト: 夏期(南面)/冬期(南面)

Low-E膜が紫外線をカット

イラスト: 1枚ガラス 30%カット/Low-E複層ガラス 83%カット

Low-Eとは?

イラスト

Low-EのEはEmissivityの略で、放射。つまり『低放射』を意味します。複層ガラスの空気層では、放射による熱の移動があります。イラストの【暖】側に、Low-E膜をコートしたLow-Eガラスを使うことで、熱の移動を少なくすることが出来ます。

選べるAGCのLow-E

イラスト

夏の日射熱を約60%カットするアクアグリーン(日射遮蔽型)と複層ガラス(透明)の約1.7倍の断熱性能を持つピュアクリア(日射取得型)から選べます。

ページTOPへ