Javascript is disabled.


製品

合わせガラス スクールセーフィー

破片が飛び散りにくく、日焼け対策にも有効

2枚の板ガラスの間に、特殊フィルムを加圧・圧着した合わせガラスです。万一ガラスが破損しても、破片が飛び散りにくい優れた安全性が特性。特殊フィルムが紫外線を99%以上カットするので、日焼け対策にも有効です。

合わせガラスの特性
◎高強度・・柔軟で強靭な特殊フィルムにより衝撃物が貫通しにくい
◎安全性・・ガラスと特殊フィルムが加圧・圧着され、破片の飛散や脱落がしにくい

飛散防止フィルムよりランニングコストを抑制可能

飛散防止フィルムと合わせガラスでは、初期コストは合わせガラスの方が高くなります。ただし、飛散防止フィルムは、フィルム工業会で貼替え目安を10年としており、メンテナンスが必要です。
一方、合わせガラスはメンテナンス不要のため、累積コストは一定です。10年以上の使用で飛散防止フィルムよりランニングコストを抑えることができます。文部科学省が推進する長寿命化改修に適しています。

「合わせガラスへの交換」と「飛散防止フィルム貼付」
ランニングコスト(累積コスト)比較例

イラスト: 合わせガラスはメンテナンス不要なので、累積コストは一定です。

主なバリエーションと機能、サイズ

ガラス構成 可視光
透過率
紫外線
透過率
日射熱
取得率
熱貫流率
(U値)
最大
寸法
最小
寸法
η W/(m²・K) mm
FL3+PVB30+FL3 89.4 0 0.83 5.7 1800×2400 300×200
F3K+PVB30+FL3 89.4 0 0.83 5.7 1200×1800

[凡例] FL:フロート板ガラス PVB:中間膜/ポリビニルブチラール FK:型板ガラス

ページTOPへ